株式会社食環境衛生研究所(食環研)は、安全をモットーに生活環境および「食」に対して貢献し、ヒトの健康と快適な生活環境を創造する企業です。

会社情報

沿革

沿革

1998年 有限会社 食環境衛生研究所を設立(群馬県北群馬郡榛東村)
1999年 岩手駐在所(農畜産営業部門)を設置
2001年 組織変更により、株式会社 食環境衛生研究所となる
2002年 本社社屋を購入し、現住所に移転する
2003年 自社開発消臭材「クリアメイトBA」が「群馬県1社1技術」に選定される
本社倉庫を購入
企業化R&Dサポート事業認定
2005年 農水省動物医薬品検査所によるGCP実地調査で受託者・実施機関として適合評価を受ける
衛生検査所登録(群馬県第41号)
群馬県「平成17年度 おすすめサービス知事賞」を受賞
2007年 岩手駐在所を東北営業所に改称・食品環境衛生営業部門の設置
ものづくり技術振興事業認定
群馬県環境GS事業者に認定
2008年 アグリビジネス事業部の立ち上げ 野菜の販売の開始
経営革新計画の認定
農水省動物医薬品検査所によるGLP実地調査を受ける
食品微生物検査においてFEPASにて精度管理を実施
経済産業省 地域イノベーション創出研究開発事業の認定
計量証明事業登録(環第51号)
群馬県サービス産業ステップアップ事業の認定
2009年 食品理化学分析においてFAPASにて精度管理を実施
群馬県食品自主衛生管理認証制度の審査機関の指定を受ける
農林水産省平成21年度有害化学物質リスク管理基礎調査事業の受託
農林水産省より学術研究機関の指定を受ける
農林水産省平成21年度微生物リスク管理基礎調査事業(採卵鶏)の受託
2010年 農林水産省平成22年度微生物リスク管理基礎調査事業(豚農場)の受託
経営革新計画の認定
H22年度前橋市群馬新技術、新製品開発推進補助金の認定
農水省動物医薬品検査所によるGCP実地調査で受託者・実施機関として適合評価を受ける
動物試験棟および倉庫を購入
2011年 前橋市西大室町に動物飼育施設を開設
前橋市西大室町に食品・医薬品分析センターをオープン
登録衛生検査所の監査を受ける(群馬県第41号)
H22年度ぐんま新技術・新製品開発推進補助金の確定
H22年度前橋市ぐんま新技術・新製品開発推進補助金の確定
農水省平成23年度微生物リスク管理基礎事業(乳用牛)の受託
農水省平成23年度動物用医薬品の使用基準休薬期間設定の残留(肉牛・乳牛)
家畜衛生対策推進協議会平成23年度管理獣医師等育成支援事業の現地導入実証試験に係る農場衛生状況把握検査業務 
太陽光発電システム(80kW)導入
2012年 輸入種卵の搬入場所の認定23動検第1193号
農水省より学術研究機関の指定
届出伝染病等病原体の所持の届出(家畜伝染病予防法)
農水省動物医薬品検査所によるGLP実地調査で残留試験(分析・飼育;牛、豚、鶏)の適合評価を受ける
農水省平成24年度微生物リスク管理基礎事業(肉用鶏)の受託
農水省平成24年度有害化学物質リスク管理基礎事業(米のかび実態調査)受託
ISO/IEC 17025:2005の取得
太陽光発電システム(70kW)導入
2013年 農水省平成25年度動物用医薬品の使用基準・休薬期間設定のための残留試験
「プロポクスル(豚)」
農水省平成25年度有害化学物質リスク管理基礎調査事業
(野菜中カドミウム濃度調査)
農水省平成25年度有害化学物質リスク管理基礎調査事業
(大豆中カドミウム濃度調査)
農水省平成25年度動物用医薬品の使用基準・休薬期間設定のための残留試験委託事業
「ピペラジンアジピン酸塩(鶏)」
農水省平成25年度動物用医薬品の使用基準・休薬期間設定のための残留試験委託事業
「ピペラジンアジピン酸塩(豚)」
農水省平成25年度動物用医薬品の使用基準・休薬期間設定のための残留試験委託事業
「フロルフェニコール(豚:筋肉内注射)」
農水省平成25年度動物用医薬品の使用基準・休薬期間設定のための残留試験委託事業
「フロルフェニコール(豚:経口投与)」
輸入種卵の搬入場所の認定 25動検第1104号
農水省動物医薬品検査所によるGCP実地調査で受託者・実施機関として適合評価を受ける25動薬第1803号-2
太陽光発電システム(40kW)導入
農水省平成25年度生産資材安全確保調査・試験事業
「薬剤耐性菌モニタリングにおける分離菌株の性状解析②」
2014年 平成25年度中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業の採択
農水省平成26年度微生物リスク管理基礎調査事業委託事業
農水省平成26年度有害化学物質リスク管理基礎調査事業
(小麦カドミウム実態調査)
農水省平成26年度生産資材安全確保調査・試験事業(薬剤耐性モニタリング)
農水省平成26年度有害化学物質リスク管理基礎調査事業
(土壌のかび毒生産菌調査)
農水省平成26年度動物用医薬品の使用基準・休薬期間設定のための残留試験委託事業
「フロルフェニコール(鶏)」
平成26年度有害化学物質リスク管理基礎調査事業
(食品中のアクリルアミド含有調査)
産総研新規動物用医薬品の評価研究
太陽光発電システム(14kW)導入
平成26年度前橋市新製品・新技術開発費の決定
平成26年度実験動物生産施設等福祉認証
2015年 農水省平成27年度生産資材安全確保対策事業(飼料中のフモニシンの家畜への移行調査)の受託
アグリビジネス事業部(荒口町に新予冷庫完成)
職員用駐車場の取得
太陽光発電システム(30kW)導入
2016年 農水省平成28年度動物用医薬品の使用基準残留試験委託事業 フェニトロチオン:鶏
農水省平成28年度動物用医薬品の使用基準残留試験委託事業 フェニトロチオン:採卵鶏
農水省平成28年度有害化学物質リスク管理基礎調査委託事業 アクリルアミド
東京都農林水産振興財団 PCR検査(PED)
H28度補正予算「革新的ものづくり・商業サービス開発支援補助金採択
GMP取得(動物用医薬品製造業許可証)H29 製造薬第399号 1及び4号区分

ページの先頭へ戻る

株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1

・国際規格 ISO/IEC 17025:2005
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 28動薬第1432号-2
・GLP 28動薬第1746号-2
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証015号

群馬県環境GS(認定番号190439)

チャレンジ25