株式会社食環境衛生研究所(食環研)は、安全をモットーに生活環境および「食」に対して貢献し、ヒトの健康と快適な生活環境を創造する企業です。English page | Shoku-Kan-Ken,inc.

ニューストピックス

2018年04月06日

【残留農薬】豪州産輸入大麦に関する食品衛生法違反事案

農林水産省は大手商社が輸入した豪州産大麦を使用して製造されたシリアルより、製品販売前の自主検査の結果殺菌剤であるアゾキシストロビンが食品衛生法(昭和22年法律第233号)上の基準値を超えて検出されたとの報告を受けた事を発表した。
更に、流通先への連絡、商品の流通の差止め、回収、公表等を適切かつ速やかに行い、その状況について、農林水産省に対して逐次報告すること及び原因究明と再発防止策を報告するよう指示した。
農林水産省の対応としては当該商社を米麦の輸入業務について指名停止処分を行うこととし、他の豪州産輸入大麦についてもアゾキシストロビンに関する分析を行うこととしている。
なお、アゾキシストロビンには、発がん性、遺伝毒性や急性毒性は認められておらず、濃度の分析結果や大麦・大麦加工品の摂取量を考慮すれば、本件の豪州産大麦を毎日食べ続けたとしても、アゾキシストロビンによる健康への悪影響の恐れはないとの見解を示している。

基準値:0.5mg/kg

アゾキシストロビンは殺菌剤で麦類や果樹類に対して使用されております。
弊社では残留農薬一斉分析の149項目、200項目、260項目および443項目等でアゾキシストロビンの検査を取り扱っております。安全の確認や自主検査にお役立てください。
残留農薬一斉に関しての検査はこちらです→《残留農薬検査のページ》

参照ページ→《農林水産省通知》

ニュース & トピックス 一覧へ

ページの先頭へ戻る



株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【東京オフィス】
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目5番5号
国際善隣会館 6階A
TEL:03-6264-5313 FAX:03-6264-5314
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1

・国際規格 ISO/IEC 17025:2005
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 28動薬第1432号-2
・GLP 28動薬第1746号-2
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証015号
・GMO二種使用 農水省指令28消安第4863号

群馬県環境GS(認定番号190439)