株式会社食環境衛生研究所(食環研)は、安全をモットーに生活環境および「食」に対して貢献し、ヒトの健康と快適な生活環境を創造する企業です。

検査項目一覧

飼料・資材 販売

昨今のBSE問題などを背景に、畜産業において安全・安心な飼料・資材を使用することは、生産者と消費者に共通する思いなのではないでしょうか。

食環研では、おもに生菌剤である飼料・資材の販売をおこなっております。
生菌剤とは、特殊枯草菌や乳酸菌などの「生きた菌」を配合したものです。これらは土壌など自然界より分離した天然のものであり、もちろん家畜の害になりません。安心してご利用いただけます。

食環研の飼料・資材の特徴

食環研で扱っております飼料・資材の多くは、特殊枯草菌(Bacillus subtilis DB9011株)や乳酸菌(Enterococcus faecalis)などを配合した生菌剤です。以下にそのおもな特徴を挙げました。

1)家畜の免疫を高め、腸内環境を正常化する

  • ■家畜の免疫力を高めて(免疫賦活作用)、各種疾病の発生低減、健康維持につながります。
  • ■腸内細菌叢の正常化を促し、エサの食いつき(嗜好性)を良くします。また、サルモネラ・クロストリジウム対策に有効です。

2)高い安全性と優れた安定性

  • ■残留の心配がなく、安心して使用できます。また、エサの食いつき(嗜好性)を良くします。
  • ■室温での長期保存をおこなっても、配合した菌数の低下がみられず、安定した効果を示します。

3)消臭効果(悪臭成分の低減)

  • ■環境問題や呼吸器疾病の誘発因となるアンモニアやメチルメルカプタンなどの悪臭物質を低減する消臭効果があります。

製品ラインナップ

牛・豚・鶏用混合飼料から自社開発消臭剤など、豊富なランナップを取り揃えております

商品ラインナップはこちら

ページの先頭へ戻る



株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1

・国際規格 ISO/IEC 17025:2005
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 28動薬第1432号-2
・GLP 28動薬第1746号-2
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証015号
・GMO二種使用 農水省指令28消安第4863号

群馬県環境GS(認定番号190439)

チャレンジ25