(株)食環境衛生研究所(食環研)は、安全をモットーに生活環境および「食・畜産」に対して貢献し、ヒトの健康と快適な生活環境を創造する企業です。 English page | Shoku-Kan-Ken,inc.

どうぞお気軽にお問い合わせください TEL.027-230-3411 営業時間/平日8:30~17:30(土日祝 休)

食環研コラム

交配後および妊娠84日のIgA、乳質、血液生化学的、微生物学的、子豚の発育に対するプロバイオティクスの子豚や母豚への効能

(ピッグジャーナル2014年8月号掲載)
交配後および妊娠84日のIgA、乳質、血液生化学的、微生物学的、子豚の発育に対するプロバイオティクスの子豚や母豚への効能
EFFECT OF PROBIOTIC SUPPLEMENT TO PIGLET AND SOW FROM AFTER SERVICE ,84DAYS OF GESTATION ON IgA AND MILK QUALITY , BIOCHEMICAL,MICROBIAL,PIGLET PERFORMANCE

1.序論
 薬剤耐性菌の出現や動物製品への薬物残留の懸念または腸内細菌叢の不均衡から成長促進剤として抗生剤を使用することはいくつかの国では禁止されている。プロバイオティクスは成長促進剤としての抗生剤使用にとって代わる効果的なものであり、母豚や子豚の発育促進効果を示す。また、妊娠期や泌乳期の母豚に使用することで子豚の出生率や離乳率に良い影響を与えることがわかっている。
 本研究はプロバイオティクス(BACTOSAC)を飼料添加することによる交配84日後においてのIgA濃度、乳質、血液生化学的検査、糞便内微生物学的検査や母豚や子豚の発育への影響およびプロバイオティクスを液体サプリメントとして子豚に与えることによる子豚の発育への影響を評価することを目的とした。

2.方法
 母豚120頭を無作為抽出し3つのグループに分けた。

  ① 対照群
  ② 分娩前から離乳までの1か月間プロバイオティクスを添加
  ③ 交配から離乳までプロバイオティクス添加
  ②と③には妊娠中は0.05%、泌乳中は0.1%プロバイオティクスを飼料添加した。

 さらに試験群ごとにプロバイオティクスを液体サプリメントとして子豚に与える群と与えない群に分けた。液体サプリメントの与え方は、1日齢および3日齢時に1mL/L頭で経口投与し、離乳時まで5mL/同腹/日となるように餌に混ぜて投与した。
 糞便は母豚30頭から分娩日と分娩1週間後に採材し、乳酸菌数および大腸菌数を数えた。母乳と血液は分娩1週間後に採材しIgA濃度、乳質及び血液生化学検査を行った。 離乳前死亡率と出生時および離乳時体重を測定した。

3.結果と考察
 プロバイオティクスを飼料添加することにより母豚の分娩時におけるストレスの指標となる糞便内大腸菌数が減少した(図1)。

  ピッグジャーナル2014年8月号図1.jpg 

また、飼料添加群において総タンパクとIgA濃度が有意に増加し、乳中タンパク質も増加傾向を示した(図2、3)。

  ピッグジャーナル2014年8月号図2.jpg

ピッグジャーナル2014年8月号図3.jpg  

 プロバイオティクスを母豚に飼料添加することにより離乳体重の増加、一日増体重の増加および生存率上昇を示した。また、プロバイオティクスを液体サプリメントとして子豚に給餌すると子豚の発育がさらによくなった(図4)。

  ピッグジャーナル2014年8月号図4.jpg      

 以上のことからプロバイオティクスを母豚と子豚の両方に使用することで家畜の生産性の向上に効果を示すと考えられる。 

4.一言
 本論文よりプロバイオティクスを母豚と子豚の両方に使用すると増体効果が認められた。プロバイオティクスは解明されていない点も多いが、こういった利益となりうる発表の動向をみて、今後の生産向上の1つの材料として考えてみてはどうだろうか。

Winai Thongmak et al The 6th Asian Pig Veterinary Society Congress Ho Chi Minh City Vietnam September 23-25.2013 OR21

« 酸素水の飲水添加は豚の免疫活性を高め、サルモネラ・ティフィムリウム感染豚の免疫応答を促進させる | 畜産に関するコラム | PFTSによって生じる損失を複合次亜塩素酸系消毒剤によって減少させる効果 »

ページの先頭へ戻る



株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【東京オフィス】
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目5番5号
国際善隣会館 6階A
TEL:03-6264-5313 FAX:03-6264-5314
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1

・国際規格 ISO/IEC 17025:2005
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 29動薬第1665号-3
・GLP 30動薬第1018号-3
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証015号
・GMO二種使用 農水省指令28消安第4863号

  • 地域未来牽引企業



  • 群馬県環境GS(認定番号190439)

  • 採用情報リクナビ

  • JGAP

  •  ぐんま女性活躍大応援団