(株)食環境衛生研究所(食環研)は、食の「生産者」から「消費者」まで・・・人の「安全・安心」と「命」を守る企業です。 English page | Shoku-Kan-Ken,inc.

どうぞお気軽にお問い合わせください TEL.027-230-3411 営業時間/平日8:30~17:30(土日祝 休)

コンサルティング

畜産事例紹介

私たちがこれまでに蓄積してきた実績の一部をご紹介します。

養豚農家様の事例(1)

課題

離乳後の事故率が30%を上回り、肥育期における下痢、斃死が持続していました。以前から使用している抗生物質も効果がなく、母豚における?殖成績も低下していました。


取り組み

事故発生豚の病性鑑定を実施し、病原菌を特定し薬剤感受性検査により最適薬剤を選択し提案、斃死が治まりました。その後定期衛生管理を実施し、農場に蔓延する日和見感染症を指摘、対応ワクチネーションを提案しました。


成 果

半年で事故率が10%以下に低下、以降も定期的な衛生管理と生産に関する相談に対応しました。


そして

2年後に事故率が5%程度まで減少、現在はPRRS等の対応を継続し安定的な生産を続けられております。


養豚農家様の事例(2)

課題

離乳後の事故率が8%を上回り、子豚舎の突然死、肥育期における肺炎などによる斃死が持続していました。
以前からワクチンや抗生物質も多用しているが効果がいまいち見られませんでした。


取り組み

農場の聞き取り調査、現場臨床確認、抗体検査、病性鑑定検査などを実施し、農場に必要な管理項目を整理、その後1~2年計画でワクチンプログラム、薬剤プログラム、管理プログラムを改正しました。


成 果

半年で事故率が6%程に低下、1年半辺りから5%を下り、今現在は3~4%に減少しました。


そして

安定的な生産状況が続き、SPF農場としても登録、優良生産農場の代表的な一例となっています。


養鶏業者様の事例

課題

育雛、育成、採卵までの一貫農場様で、育雛期の斃死率が高く、成鶏での産卵率も安定しませんでした。


取り組み

育成期での事故調査の結果、コクシジウム及びクロストリジウム症と判明、以後の対応策を提案。定期的な訪問抗体検査や保菌検査を実施、ロットごとの衛生管理を行いました。


成 果

育成期の死亡率の低下により成鶏での産卵率の安定した成績が得られるようになりました。


そして

衛生対策の定期訪問を継続し、重大な事故は減少、さらに鶏卵付加価値を求めるべく栄養成分検査等を実施しています。


検査項目

食品分野
食品分野


1. 食品表示成分検査


2. 安全性確認検査


3. クレーム対応・付加価値検査

環境・衛生分野


1. 衛生検査


2. 環境検査


3. 資材・廃棄物検査

畜産分野

新型コロナ対策(お役立ち情報)

セミナー・イベント情報

お役立ち情報

ISO17025 認定検査

用語辞典

病気

コラム

採用情報

食環研Blog

ページの先頭へ戻る



株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【品質管理センター】
〒379-2106 群馬県前橋市荒子町643-4
【東京オフィス】
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目5番5号
国際善隣会館 6階A
TEL:03-6264-5313 FAX:03-6264-5314
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1

・国際規格 ISO/IEC 17025:2017
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 29動薬第1665号-3
・GLP 元動薬第2730号-3
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・GMP 元製造薬第442号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証17-015号
・GMO二種使用等拡散防止措置確認

会社概要
  • 地域未来牽引企業

  • 事業継続力強化計画

  • 採用情報リクナビ