(株)食環境衛生研究所(食環研)は、食の「生産者」から「消費者」まで・・・人の「安全・安心」と「命」を守る企業です。 English page | Shoku-Kan-Ken,inc.

どうぞお気軽にお問い合わせください TEL.027-230-3411 営業時間/平日8:30~17:30(土日祝 休)

ニューストピックス

2021年06月11日

【衛生】コロナ禍における食中毒と手洗いに関する調査結果

オーストラリアの食品安全情報評議会 (FSIC) は、6 月 7 日の第 3 回世界食品安全デーを記念して、食品安全に関する報告書を公表しました。

<公表内容>
○食中毒者の症例数について
2020 年は、カンピロバクターおよびサルモネラ感染症と診断された症例は減少。その具体的な理由は特定されてないが、食中毒発生の多くはフードサービスに関連していることから、コロナによるロックダウン中にレストランと食品事業が閉鎖されたことが症例減少の原因の可能性がある。

○手洗いについて
トイレに行った後に必ず手を洗うと答えた人の数が4%増加した(79%から83%に増加)一方、調理前に手を洗うと答えた人は減少した。また、食品を扱う前に必ず手を洗うと答えた回答者の数も5%減少した(63% から 58% に減少)。

○性別による手洗いの意識の差について
トイレに行った後 (男性:80% 女性:85%) と食べ物に触れる前 (男性:53% 女性:62%) に必ず手を洗う、と答えた男性は女性よりも少なかった。

○年齢による手洗いの意識の差について
18 歳から 34 歳までの回答者について、トイレに行った後に必ず手を洗うと答えたのはたった75%(50 代以上では 89%)、食品を扱う前に必ず手を洗うと答えたのはたった55%だった(50 歳以上では 61%)。

この調査結果を受けて、FSIC は、「若者は食品取扱者として働いたり、子供、高齢者介護、障害者の方々に関わる仕事をしていることが多いため、この結果は今後の懸念事項である」と述べております。

さらに詳しい内容についてはこちらをご確認ください

コロナ禍で、どこでも当たり前のように手指の消毒ができるようになりましたが、手洗いの重要性は、以前として変わりません。今後もご注意いただければと存じます。

食品衛生の無料Eラーニング視聴はこちら→【Eラーニングサービス】

効果的な手洗い方法に関する動画はこちら→【「効果的」手洗い技(2回洗い、合掌水切り)】

ニュース & トピックス 一覧へ

検査項目

食品分野
食品分野


1. 食品表示成分検査


2. 安全性確認検査


3. クレーム対応・付加価値検査

環境・衛生分野


1. 衛生検査


2. 環境検査


3. 資材・廃棄物検査

畜産分野
動物病院向け検査

新型コロナ対策(お役立ち情報)

セミナー・イベント情報

お役立ち情報

ISO17025 認定検査

用語辞典

病気

コラム

採用情報

食環研Blog

ORIGAMIマスクハンガー

ページの先頭へ戻る

株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【品質管理センター】
〒379-2106 群馬県前橋市荒子町643-4
【東京オフィス】
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目5番5号
国際善隣会館 6階A
TEL:03-6264-5313 FAX:03-6264-5314
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1
【西日本営業所】
〒790-0925 愛媛県松山市鷹子町716-2

・国際規格 ISO/IEC 17025:2017
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 29動薬第1665号-3
・GLP 元動薬第2730号-3
・GLP 24消安第4322号
・動物用医薬品製造業 元製造薬第442号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証17-015号
・GMO二種使用等拡散防止措置確認

会社概要
  • 地域未来牽引企業

  • 事業継続力強化計画

  • 採用情報リクナビ