建築物等の解体・補修には石綿含有建材の調査が必要です。

こんにちは
9月に入った途端に急に涼しくなりましたね(・_・;)
先月まで30℃を超えていたのが嘘みたいです・・・
体調管理にはお気をつけ下さい。

石綿(アスベスト)検査についてご案内です。

令和4年4月1日から、建築物等の解体等を行う前に実施する
石綿含建材の調査結果を都道府県等に報告する必要があります。
(大気汚染防止法第18条の15第6項)

・【事前調査】採取~分析 110,000円(税込)
・「低コスト」で「迅速な」分析結果を提供致します。
・下記資格を取得している社員が在籍しておりますので安心して
ご依頼下さい。
▷「一般財団法人日本環境衛生センターの石綿含有建材調査者」
▷「一般社団法人日本アスベスト調査診断協会(NADA)の石綿調査診断士」
▷「公益社団法人日本作業環境測定協会「石綿分析評価事業」の認定者」
・事前調査(採取~分析)、石綿分析【簡易定性分析】、
一般製品 石綿定性分析【JIS規格】、石綿定量分析【JIS規格】が
分析可能です。

ご家庭で、ご不安がある製品などをお手軽にお調べしたい方などにオススメかと思いますので、ご検討いただけますと幸いです。

※下記写真は採取風景です。
採取には資格を取得している弊社の社員が防護服を着て
採取していますのでご安心下さい。

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはホームページをご覧下さい
→ アスベスト(石綿)検査ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です