ヒスタミンのお話 その2

ヒスタミンの話 その2
ヒスタミンという物質は大量に摂取することによって食中毒を引き起こす場合と、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こるアレルギー症状を引き起こす場合があります。今回はアレルギーのお話をしたいと思います。

アレルギーとは免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に起こることを言います。免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な整理機能で、ヒスタミンが身体を守るため炎症反応を刺激することにより引き起こされます。

ヒスタミンは人間の身体の中では主に白血球の一種である、肥満細胞や好塩基性白血球(のどや鼻粘膜の上皮に多い)に蓄えられていますが、外傷や火傷、毒物、薬物、アレルギーの原因となる物質が体内に入ると活性化し、細胞から放出されます。放出されたヒスタミンは、体内各所にあるヒスタミン1型受容体(H1型受容体)という、タンパク質と結合し、鼻水、発赤・かゆみ・痛み・気管支収縮といったアレルギー症状が起こります。

H1型受容体とヒスタミンが結合しなければアレルギー症状は起きないため、ヒスタミンの代わりにH1型受容体ととくっついてアレルギー反応を起こさせない薬が開発されました。それが抗ヒスタミン剤なのです。

抗ヒスタミン剤を使用するとアレルギー反応は強く抑えられます。しかし、酷い眠気に襲われたり集中力がなくなります。それはヒスタミンが脳の中のH1型受容体につき人間を目覚めた状態にするのに重要な役割を果たしているのに、それを抗ヒスタミン剤が抑えてしまうので酷い眠気や集中力の低下が副作用としてあらわれたのです。
放射性物質分析食品検査残留農薬残留抗生物質
株式会社 食環境衛生研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です