アルカリホスファターゼ

検査項目 アルカリホスファターゼ
英名 Alkaline phosphatase
別名 ALKP
分析方法

比色分析法

分析期間 5 営業日
検体必要量 血清又は血漿 200μL
料金 660 円

説明

◎ 「アルカリホスファターゼ検査」項目説明

アルカリフォスファターゼは肝臓や腎臓、腸粘膜、骨などで作られ、多くの組織に存在します。
胆道のうっ滞や肝機能の低下が生じると値が上昇します。

◎ 検査目的

肝疾患・胆道疾患

◎ 疑われる一般的な異常

増加:胆汁うっ滞

◎ 材料/保管方法

血清・ヘパリン血漿/冷蔵