検便検査【細菌検査】

※1検体 770円~
※至急対応可能!最短で2営業日で実施!
※団体割引可能!お見積りが必要なお客様はお気軽にお問い合わせください!!



ノロウイルス検査はこちら▼

料金表(検査項目一覧)

通常料金表

検査項目 分析方法 検査期間 必要量 料金(税込) 詳細 PDF
検便3項目セット(赤痢・サルモネラ・O157) 便培養またはPCR 4-10 営業日 うっすらと付く程度 詳しくはこちら 770円 詳細
腸管出血性大腸菌(4項目セット) 便培養またはPCR 5-10 営業日 うっすらと付く程度 詳しくはこちら 1,100円 詳細
腸管出血性大腸菌(7項目セット) 便培養またはPCR 5-10 営業日 うっすらと付く程度 詳しくはこちら 1,320円 詳細
カンピロバクター 培養法 4-10 営業日 うっすらと付く程度 詳しくはこちら 770円 詳細
コレラ 培養法 4-10 営業日 うっすらと付く程度 詳しくはこちら 770円 詳細
腸炎ビブリオ 培養法 4-10 営業日 うっすらと付く程度 詳しくはこちら 770円 詳細

至急料金表

検査項目 分析方法 検査期間 必要量 料金(税込) 詳細 PDF
検便3項目セット(赤痢・サルモネラ・O157) 至急対応 便培養またはPCR 2-4 営業日 うっすらと付く程度 詳しくはこちら 1,870円 詳細
腸管出血性大腸菌(4項目セット) 至急対応 便培養またはPCR 2-5 営業日 うっすらと付く程度 詳しくはこちら 2,200円 詳細
腸管出血性大腸菌(7項目セット) 至急対応 便培養またはPCR 2-5 営業日 うっすらと付く程度 詳しくはこちら 2,420円 詳細

検査内容と方法

サルモネラ属菌 赤痢菌 腸管出血性大腸菌
O157 O111 O26 O128 O103 O121 O165
3項目セット
4項目セット
7項目セット

セット検査項目
※サルモネラ属菌は、『腸チフス菌、パラチフスA菌』を含みます。
※カンピロバクター属菌、ビブリオ属菌(コレラ菌)の検査も追加できます。


3項目セット(基本セット項目)

サルモネラ属菌(腸チフス菌、パラチフスA菌を含む)、赤痢菌、腸管出血性大腸菌(O157)の検査が可能です。


4項目セット

サルモネラ属菌(腸チフス菌、パラチフスA菌を含む)、赤痢菌、腸管出血性大腸菌4項目セット(O157,O111,O26,O128)の検査が可能です。


7項目セット

サルモネラ属菌(腸チフス菌、パラチフスA菌を含む)、赤痢菌、腸管出血性大腸菌7項目セット(O157,O111,O26,O128,O103,O121,O165)の検査が可能です


弊社では、感染症として指定された項目(赤痢菌、パラチフスA菌や腸チフス菌を含むサルモネラ属菌、腸管出血性大腸菌O157)以外にも、腸管出血性大腸菌(O111・O26・O128・O103・O121・O165)やカンピロバクター属菌やビブリオ属菌(コレラ菌)の検査もできます。また、ノロウイルスに関しても、リアルタイムPCR法やイムノクロマト法、エライザ法から、検査方法を選択できます。 ノロウイルス検査はこちら

検便検査は、年間検体数120検体以上から値引きをしております。別途お見積りいたしますのでお問い合わせください。

【検査対象者】

・施設での調理従事者(宿泊施設、飲食店、社会福祉施設、保育園)

大量調理施設衛生管理マニュアルは、『1回300食以上又は1日750食以上を提供する調理施設』に適用されるマニュアルで、これらの施設の責任者は検便検査を受けさせることとされています。また、老人ホームなどの社会福祉施設でも大量調理施設衛生管理マニュアルに基づいて衛生管理の徹底がされています。
また、上記規模に満たない調理施設においても、準拠することが望ましいとされています。


・学校給食従事者

文部科学省より、学校給食衛生管理基準の施行について「長期休業中も含め、毎月2回以上行うこと」とされています。


・水道関連従事者(浄水場、水道工事)

厚生労働省より、水道法第21条および水道法施行規則第16条により、定期的な健康診断(6箇月ごとの検便)を行うことが義務付けられています。


・その他(文化祭、イベントでの模擬店の出店)

不特定多数の方に食品を提供する場合、原則として営業許可の取得が必要になります。その際に検便検査の実施が必要になる場合があります。詳しくは、各市町村へお問い合わせください。飲食を提供する方は、二次感染防止のため、検便検査の実施義務の有無にかかわらずご活用ください。

【検査の特徴とメリット】

検査の特徴

・弊社では、法人のお客様の定期検便検査から個人のお客様の検便検査まで行っております。 法人のお客様の検便検査では、対象人数に応じて料金の設定を行っており、容器や報告書のやり取りに関しても細かな対応を行っております。 また、個人のお客様の検便検査もネットからの申し込みができ、至急対応も可能です。

メリット

・個人のお客様では、イベント等により保健所に営業等の許可申請をする際や実習等で調理施設や社会福祉施設等に出入りする際に必要な報告書として用いることが可能です。

・法人のお客様では、対象人数に応じて料金の設定を行っており、必要経費の見直し、経費削減に役立ちます(年間対象者数により、お見積作成いたします)。

安心の検査体制

臨床検査技師 9名在中。臨床検査のプロを中心とし、精度の高い検査結果を短い納期でご報告致します!

【ご依頼方法】

1. 検査のご依頼方法

お支払方法に関するご注意

ご依頼時のお支払い方法はクレジットカードのみとなります。
(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club)


◎ご依頼頂く前のお願い

ご依頼前に必ず検査案内書をご覧ください。

ご依頼フォームが変更となり検便検査のご利用人数が多いお客様のお申込みがご利用しやすくなりました。(2017年12月6日)
ご依頼フォームより名簿ひな形をダウンロードして名簿を作成して頂いた後、ご依頼フォームの必要事項記載の上、フォームより名簿を添付してお申し込みください。
個人のお客様や少数お申込みのお客様はご依頼フォームの情報のみご入力ください。
下記ご依頼フォームから直接検査をご依頼いただけます。


●検便ご依頼フォーム
検査依頼フォームに必要事項をご記入ください。
お申し込み後、弊社より(1)検体採取容器(1本で複数菌種検査できます),(2)名前シール,(3)容器袋,(4)検査申込書,(5)説明書類を送付いたします。
(弊社からの採取用容器の送料は検査料金に含まれます。)
お手元に届くまで通常3~4営業日ほどかかります。
(悪天候、運輸交通事情等により遅れることもございます。あらかじめご了承ください。)


注意事項
お申し込みは午後1時までが当日受付となります。これ以降は翌営業日発送となることがございます。
お送り先に表札等のご依頼者名を確認できない場合はお届けできませんのでご注意ください。
ご依頼頂きました時点で検査案内書の内容を承諾されたと見させて頂きます。予め検査案内書の内容をよくお読みになり、ご理解いただいた上でご依頼頂きますよう、よろしくお願いいたします。


お申し込み手続き後にHP上でお支払い手続きとなります。
お支払い手続き完了をもってお申し込み完了となります。
万が一、お支払い手続き中に通信の不具合による中断が発生した場合には お申込みが完了いたしませんのでご注意下さい。
検体数の変更、お申し込みキャンセルについては原則お受けできません。
追加のご注文の場合には再度お申し込みフォームよりご依頼ください。
また、2021年10月1日から郵便振替の取り扱いは廃止となりました。
ご了承の程、よろしくお願いいします。
既存のご請求対応のお客様については営業担当又は弊社までお電話にてご依頼ください。



2.検便の方法(採取の仕方)

※細菌検査とノロウイルス検査では、検体採取容器が異なります。


お手元に届きました検体採取容器を以下のように使用して、便を採取してください。(1本で3菌種やその他細菌の検査可能です。)


  1. シールに名前(カタカナ)を記入し、容器に貼ってください。
  2. キャップを取り外してください。
  3. 棒の先を便に一回挿してください。(採取方法はこちら
  4. 便を採取したら、元通りにキャップを閉めてください。(注)キャップはしっかりと閉めてください。

※細菌検査とノロウイルス検査を一緒にお申込の場合は、それぞれ別の専用容器になります。
※容器受け取りから採取発送まで長期間かかる場合はご注意ください。検査料金の改定や容器の使用期限切れ等がございます。
弊社から送付いたします検体採取用容器は未使用・殺菌済です。ご安心してご使用ください。



3.検体の送付方法

採取後、容器を添付の袋に入れ、直ちにお送りください。やむを得ず数日保管する場合は、直射日光の当たらない涼しい場所で保管してください。
※採取後1週間を経過した検体は検査不可となりますので再度お申し込みをお願いします。(料金についてはお客様負担となります。)


検査申込書に必要事項をご記入の上、採取容器と同封にて弊社へお送りください。(常温可。ただし、ノロウイルス検査は冷凍保存厳守。)
※細菌検査とノロウイルス検査を一緒に発送される場合は、細菌検査は常温または冷蔵便で、ノロウイルス検査は冷凍便で発送をお願いいたします。


注意事項

検体送付の際の郵便料金(切手代)は1~4検体は120円、5検体以上の場合は郵便局にてお問い合わせ下さい。
郵便料金不足の場合は(検査前に)ご返却となります。
検体の発送票には、必ずご依頼者様名をご記入ください。(発送者様不明の場合、お受け取りできない場合もございます。)



4.検査納期

検査終了次第、検査報告書を郵送いたします。
検体弊社到着から報告書発送までは、おおよそ5日営業日から10日営業日となっております。
なお、検査期間は検体により最終判定日が変動しますので一定ではありません。報告期日の指定はお受けいたしかねますのでご了承ください。
※個人のお客様の場合は、料金お支払いの確認が済むまではご報告出来ませんのでご注意ください。なお、お申し込み名とお振り込み名が異なる場合、入金が確認できないことがありますのでご注意ください。



至急対応の場合

至急料金(通常料金+1,100円(税込))にて、お申込受付(ネット・電話等よりお申込を確認し、採取容器を発送する日)から結果報告まで対応可能な最速の日程で実施いたします。(営業日や数量、検査項目により異なりますのでご相談ください。) 検査結果はFAX対応も可能ですのでご連絡ください。
なお、お住まいの地域によっては対応できない場合もございます。
また、郵送の遅れなどによる結果到着の遅れ等郵便事情に関する報告日の遅れにつきましては責任を負いかねますのでご了承ください。

検便検査に関するコラム

検便検査に関するコラムの一覧です。

【陽性時の対応】

検査結果について

検査結果が「陽性」になった場合の対応は、検出された菌種によっても異なります。陽性時の対応について、以下のファイルをご参照ください。

ファイルダウンロード:「検便陽性時の対応について」(PDFファイル)

検索項目スピード検索



Q&Aから検査を探す

質問でお客様のご意向を整理し、 適切な回答をご提供いたします。

Q&Aはこちらから

youtube