周辺環境への配慮及び地域社会との共生

B.経営資源の管理

21.周辺環境への配慮及び地域社会との共生
番号 レベル 管理点 適合基準 解説(取組例・備考) 参考帳票 リンク
21.1 重要 周辺環境への
配慮
(1)農場や農産物取扱い施設の周辺住民等に対し
騒音、振動、悪臭、虫害・煙・埃・有害物質の飛散・流出等に関して配慮している。
(2)農業用機械が圃場から公道に出なければならない場合には、
通行人や車両の迷惑とならないように、周辺を十分確認している。
(1)例えば、周辺に民家がある場合に早朝での機械操作による騒音に配慮している。
悪臭が周辺の民家や圃場等に迷惑となる場合は必要な対策をとる。
(2)例えば、交通事故の危険性や機械に付着した泥の落下による迷惑等がある。
21.2 重要 地域内の循環を
考慮した農業の実践
(1)圃場に有機物を投入する場合は、地域で発生した有機物を優先的に使用している
(2) 農場や農産物取扱い施設で発生した植物残渣を堆肥や飼料等として利用する場合、地域内で優先的に利用している。
地域とは、自分の行動圏内、おおむね市町村の範囲を指す。
21.3 努力 地域社会との
共生
(1)農場のある地域の共通ルールや慣習を理解し、それに従っている。
(2)地域行事への積極的な参加を図り、地域内での円滑なコミュニケーションを図っている。
youtube