カビ毒検査

低価格で多くのカビ毒を検査できる、カビ毒一斉プランがおすすめ 33,000円(税込)~
食品衛生法上ではアフラトキシン、デオキシ二バレノールがモニタリング必須項目
カビが生育した食品の安全性確認にもご利用可能
数量、頻度により別途お見積もりします → お問い合わせフォームへ

料金表(検査項目一覧)

カビ毒検査

検査項目 分析方法 検査期間 必要量 料金(税込) 詳細 PDF
カビ毒3項目一斉検査(DON、パツリン、ZEN) LC/MS/MS 法 5-10 営業日 100g 33,000円 詳細
カビ毒3項目(AflaB1・D・Z)一斉検査(アフラトキシンB1、DON、ZEN) LC/MS/MS 法 5-10 営業日 100g 33,000円 詳細
カビ毒4項目一斉検査 LC/MS/MS 法 5-10 営業日 100g 49,500円 詳細
カビ毒6項目一斉検査 LC/MS/MS 法 5-10 営業日 100g 52,250円 詳細
カビ毒7項目一斉検査 LC/MS/MS 法 5-10 営業日 100g 55,000円 詳細
カビ毒10項目一斉検査 LC/MS/MS法 - 営業日 100g お問い合わせ下さい 詳細
総アフラトキシン(全4項目) LC/MS/MS 法 5-10 営業日 100g 23,100円 詳細
アフラトキシン5種(B1、B2、G1、G2、M1) LC/MS/MS法 7-10 営業日 100g 42,900円 詳細
アフラトキシンB1 LC/MS/MS 法 5-10 営業日 100g 19,800円 詳細
アフラトキシンM1 LC/MS/MS 法 5-10 営業日 100g 19,800円 詳細
デオキシニバレノール(DON) LC/MS/MS 法 5-10 営業日 100g 19,800円 詳細
パツリン LC/MS/MS 法 5-10 営業日 100g 19,800円 詳細
ゼアラレノン LC/MS/MS 法 5-10 営業日 100g 19,800円 詳細
T-2トキシン LC/MS/MS 法 5-10 営業日 100g 19,800円 詳細
オクラトキシンA LC/MS/MS 法 5-10 営業日 100g 19,800円 詳細
ロリトレムB HPLC法及びLC/MS/MS 法 ー 営業日 休止中 詳細
フモニシンB1、B2 LC/MS/MS 法 - 営業日 100g お問い合わせ下さい 詳細
ステリグマトシスチン LC/MS/MS法 - 営業日 100g お問い合わせ下さい 詳細
カビ毒4項目一斉検査(小麦対象) LC/MS/MS法 要相談 営業日 100g 143,000円 詳細

カビ毒の検査内容

カビ毒(マイコトキシン)とは、カビが食品・飼料などの有機物を分解する際に生産する物質のうち、人体・家畜にとって有害なものを指します。
その特徴として
・ カビが生育できる環境ならどこでも発生する危険がある。
・ 汚染源がカビなので、増殖し、広がる可能性もある。
・ 農薬などと比較し、生体毒性の強い物が多い。
・ 殺菌で菌は死んでも、カビ毒は食品中に残ることが多い。
など、とても厄介な性質を持っています。

原因が特定しづらいことからも軽視されがちですが、食品、飼料ともに、今は世界各国で規制値が見直され、世界的にも重要な監視項目となっていくものと予想されます。

そのような背景のもと、弊社でもカビ毒の個別検査を以前より実施しておりましたが、規制値の変化等に伴い、より低価格で多くのカビ毒を検査できる、カビ毒一斉分析プランをご用意いたしました。是非お気軽にご利用下さい。


カビ毒の影響・・・

カビ毒による動物への諸症状
項目 産生菌 主な症状
総アフラトキシン(B1 B2 G1 G2の和) アスペルギルス属 強い発癌性(人間)成長抑制、肝臓障害、免疫低下
デオキシニバレノール フザリウム属 嘔吐、胃腸炎症、皮膚炎、免疫低下
T2トキシン
ゼアラレノン 生殖器腫大、繫殖障害、子宮脱
オクラトキシンA アスペルギルス属
ペニシリウム属
腎炎、免疫低下
フモニシン フザリウム属 肺水腫、肝臓障害、食欲不振
パツリン アスペルギルス属
ペニシリウム属
消化管出血・潰瘍、
体重増加抑制

カビ毒の規制値・・・

食品(食品衛生法・暫定値より)
項目 要注意食品 残留基準値
総アフラトキシン(B1,B2,G1,G2) 穀類・豆類・種実類 10 μg/kg
アフラトキシンM1 0.5 µg/kg
デオキシニバレノール(DON) 小麦 1.0mg/kg
パツリン りんご 0.050 ppm

※なお、弊社の定量下限値は国内の基準値に対応した定量下限値になっております。
海外向けのご依頼の場合は、分析不可の場合もございますのでお問い合わせください。



飼料(農水省 最終改正日:2021年1月13日)
項目 飼料 基準値
アフラトキシンB1 搾乳の用に供する牛、めん羊及び山羊に給与される配合飼料 カビ毒の指導基準
0.01ppm
反すう動物(ほ乳期のものを除く。牛、めん羊及び山羊にあっては、搾乳の用に供するものを除く。)、豚(ほ乳期のものを除く。)、鶏(幼すう及びブロイラー前期のものを除く。)及びうずらに給与される配合飼料及びとうもろこし カビ毒の管理基準
0.02ppm
反すう動物(ほ乳期のものに限る。)、豚(ほ乳期のものに限る。)及び鶏(幼すう及びブロイラー前期のものに限る。)に給与される配合飼料 カビ毒の管理基準
0.01ppm
デオキシニバレノール(DON) 家畜(反すう動物(ほ乳期のものを除く。)を除く。)及び家きんに給与される飼料 カビ毒の管理基準
1 mg/kg
反すう動物(ほ乳期のものを除く。)に給与される配合飼料 カビ毒の管理基準
3 mg/kg
反すう動物(ほ乳期のものを除く。)に給与される飼料(配合飼料を除く。) カビ毒の管理基準
4 mg/kg
ゼアラレノン(ZEN) 家畜及び家きんに給与される飼料(配合飼料を除く。) カビ毒の管理基準
1 mg/kg
家畜及び家きんに給与される配合飼料 カビ毒の管理基準
0.5 mg/kg
フモニシン(FB1+FB2+FB3) 家畜及び家きんに給与される配合飼料 カビ毒の管理基準
4 mg/kg

カビ毒の検査対象

カビ毒要注意食品

※ 玄米、小麦、トウモロコシ等の穀物類と、その加工品

※ コーヒー豆、アーモンド、落花生等の豆類と、その加工品

※ りんごとジュース等りんごの加工品(パツリンのみ)

※ カビ毒に汚染された飼料(穀物類)を食した畜産生産物(牛・豚・鶏)

カビ毒に関するコラム

カビ毒に関するコラムの一覧です。

新規等お申し込みの場合のお支払いについて

初回お取引のお客様の場合は、検体受領後2営業日以内に御請求書を発行させていただきます。お手元に届き次第ご入金ください。
お振込み手数料は、お客様負担となりますので、予めご了承ください。
※御報告書発行の際にご入金の確認をさせていただきます。

検索項目スピード検索



Q&Aから検査を探す

質問でお客様のご意向を整理し、 適切な回答をご提供いたします。

Q&Aはこちらから

youtube