デオキシニバレノール(DON)

検査項目 デオキシニバレノール(DON)
英名 Deoxynivalenol
別名 DON
分析方法

LC/MS/MS 法

分析期間 5-10 営業日
検体必要量 100g
料金 19,800 円

説明

デオキシニバレノール(DON)とは

デオキシニバレノール(DON)とは、主にフザリウム属(アカカビ)の一部のかびが生産するタイプBトリコテセン類に属するかび毒で、とうもろこしや麦類のデオキシニバレノール汚染は世界的に問題となっています。
赤かび病の病原菌であるGibberella zeaeの無性胞子を形成する不完全時代のFusarium graminearumFusarium culmorum などにより産生されるかび毒です。
人や家畜に対する中毒症状としては、食欲減退、嘔吐、胃腸炎、下痢など消化器系への症状や、免疫機能の抑制等が知られており、発がん性を有するとの報告もあります。
過去には国内で流通する小麦が高濃度汚染されていた事から、小麦に含有するDONの基準値が設定されました。
 

残留基準値

残留基準値の詳細は「検査・分析内容」のページよりご確認下さい
詳細はこちらです⇒《検査・分析内容ページへ》
 

生産段階におけるDONの管理について

赤かび病を防ぐ為の管理を行う事によりDON汚染を防止する事が出来るとされています。
農林水産省からは「麦類のデオキシニバレノール・ニバレノール汚染低減のための指針」、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構からは「麦類のかび毒汚染低減のための生産工程管理マニュアル 改訂版」が通知されており、この通知を元に管理を行います。
 

小麦における過去の調査事例

農林水産省が平成15年に麦類のかび毒の実態調査を行いその結果を発表しています。
その結果、国内産小麦粉は全サンプルのうち、約60%にあたる118点からは検出されず、全国の平均値は0.16ppmでした。また、検出された81点の濃度については0.05~2.1 ppmであり、このうち暫定的な基準値を超えるものは6点でした。
輸入小麦については、暫定的な基準値以下のものを輸入することとしており、輸入時にデオキシニバレノールの検査を行っており、その結果、分析サンプル178点中、75%にあたる133点からは検出されず、また、検出された45点の濃度については0.05 ~0.68ppmでした。
調査結果は下記の通りです。
 
○小麦のデオキシニバレノール(DON)の調査結果

最低値
(ppm)
中央値
(ppm)
最高値
(ppm)
平均値
(ppm)
サンプル数
国内産小麦 N.D. N.D. 2.1 0.16 199
輸入小麦 N.D. N.D. 0.68 0.06 178

 

デオキシニバレノールにおける最近のニュース

【カビ毒】岩手県産小麦からカビ毒検出 製品自主回収
 

関連情報

【コラム】カビ毒の危ない健康被害 自然界最強の発がん性物質!アフラトキシン
【コラム】カビ毒とは?
 

関連動画


 

 

参考情報

いろいろなかび毒(農林水産省)
食品中のデオキシニバレノールの規格基準の設定について(厚生労働省)
麦類のかび毒の実態調査結果について(農林水産省)
麦類のデオキシニバレノール・ニバレノール汚染低減のための指針(農林水産省)
麦類のかび毒汚染低減のための生産工程管理マニュアル(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構)
 

質問 相談する

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
 

依頼する

カビ毒検査依頼フォーム
 

検体の送付方法等

・弊社検査の流れはこちらをご覧下さい→「検査の流れ
・検体は宅配便等で弊社までお送り下さい。送料はお客様負担となります。
・温度変化の影響を受けやすいものは、冷蔵指定でお願いいたします。