(株)食環境衛生研究所(食環研)は、食の「生産者」から「消費者」まで・・・人の「安全・安心」と「命」を守る企業です。 English page | Shoku-Kan-Ken,inc.

どうぞお気軽にお問い合わせください TEL.027-230-3411 営業時間/平日8:30~17:30(土日祝 休)

SFTS (重症熱性血小板減少症候群)PCR検査

SFTS (重症熱性血小板減少症候群)PCR検査

  • 検査・分析内容
  • ご依頼フォーム
獣医師の方へ

SFTS  重症熱性血小板減少症候群PCR検査

ワンちゃんやネコちゃんの血液で検査可能

1検体 12,000円(1検体検査キット代込み:税別)


◎ ページ内容 目次
 ・ 【動物のSFTS (重症熱性血小板減少症候群)とは】
 ・ 【検査の特徴】
 ・ 【検査のご利用にあたって】

動物のSFTS (重症熱性血小板減少症候群)とは

    栄養成分及び微量成分分析 〇西日本を中心に感染した動物が報告されてきており、人での患者発生地域と重なります。
    〇一般的に動物がSFTSウイルスに感染した場合、多くは症状を示さない不顕性感染すると考えられていますが,犬・猫では発熱・元気消失・嘔吐・黄疸などの症状を示し、重症化して犬は約3割、猫は約6割が死亡しています。
    〇愛玩動物に付いているマダニに触れたからといって人に感染することはありません。しかし、マダニに咬まれれば、その危険性はあります。
    〇臨床症状や血液検査等だけではSFTSの確定診断はできません。そのため、PCR検査や抗体検査などのウイルス学的検査を実施することが必要です。

     ・厚生労働省HP参照 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002x3q1.html

    検査の特徴

     

    迅速な検査体制

     PCR法による迅速な検査により、血液中のSFTSウイルスの残存を確認できます。

    「簡単」「手軽」「安全」なSFTSウイルス検査

     検査を申し込むと専用キットが届きます、専用容器に全血0.5ml以上注入して良く混ぜて送るだけ!
    「ウイルス不活化剤」がキットに導入されているため、郵送など取り扱いも安心です。


    SFTS (重症熱性血小板減少症候群)PCR検査のパンフレット資料はこちら → 

    検査のご利用にあたって

    <検査内容の補足・ご注意事項>
    1.検査方法
     本検査は高精度のPCR検査によって行います。
     感染しているかの検査ではなく、サンプル(血液中)にSFTSウイルスがいるかどうかを検査します。
     医療機関ではないため「感染陰性証明書」等は発行できません。ご了承ください。

    2.検査料金
     検査費用には、検査キット送付、報告書の作成・送付費用も含みます。
     (採取した検体の発送費用【ゆうパック便指定:お客様→弊社】はお客様のご負担となります。)

    <検査依頼の流れ>
    SFTSウイルス検査は以下のような流れで実施いたします。

    1.  専用ご依頼フォームの入力・送信
    (◎お客様) 下記「依頼フォーム」へ必要事項をご記入、ご送信ください。
     



    (△弊社) ご依頼内容確認後、ウイルス採取・送付キット検査専用容器の発送をいたします。
    (概ね1~2営業日内の発送作業を予定しておりますが、受注状況などにより日数を要する場合もございます。予めご了承ください。)

    2.  獣医師の先生方による検体採取
    届いた専用容器に0.5ml以上の全血を注入して激しく振盪してください。
    ※ 採取容器にウイルス不活化剤が、予め封入されております。採取後の保管、検体発送は常温で構いません。
    ※ 感染拡大防止の為、血液採取後の容器外側、発送前の段ボール表面などは消毒用アルコールや次亜塩素酸ナトリウム含有消毒剤等にて消毒をお願いいたします。

    SFTS検体採取マニュアルはこちらから
     → SFTS検体採取マニュアル

    3.  弊社へ検体発送
    (◎お客様) 専用キットにてサンプルを包装し、「ゆうパック便(郵便局)」でお送りください。

    重要!:
    検体送付前に、到着予定日について下記アドレスにメール送信をするか、電話連絡をお願いいたします。
     ・ 検体送付 事前連絡メールアドレス info@shokukanken.com
     ・ 電話番号027-230-3411
    (会社名、発送検体数、発送予定日、検体到着予定日時をお伝えください。)

    (△弊社) 弊社にサンプル到着後、5営業日で速報、+2日程度で報告書が発送されます

    ※ 検体の受注状況により、納期が遅れる場合がございます。ご了承ください。
    ※ 弊社が送付する専用キット以外での検体の受け入れはお断りいたします。
    ※ PCR検査は精度よくウイルス検出が出来るよう調製されていますが、ウイルスの存在する量がごく微量であったりすると不検出となることもあります。また、PCR検査はウイルスの感染性、非感染性(不活化)の判別はできません。ウイルスの遺伝子が残存しているだけで陽性になることがあります。あらかじめご了承ください。

    4.料金お支払い
    (◎お客様) お支払い手続きをお願いいたします。
    ※ お支払い方法は「クレジットカード」「銀行振り込み」がご選択いただけます。
    ※ ご入金確認後、検査キットをお申込み住所にお送りいたします。


検査項目

食品分野
食品分野


1. 食品表示成分検査


2. 安全性確認検査


3. クレーム対応・付加価値検査

環境・衛生分野


1. 衛生検査


2. 環境検査


3. 資材・廃棄物検査

畜産分野
動物病院向け検査

セミナー・イベント情報

お役立ち情報

ISO17025 認定検査

用語辞典

病気

コラム

食環境衛生研究所Blog

ORIGAMIマスクハンガー

ページの先頭へ戻る



株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【品質管理センター】
〒379-2106 群馬県前橋市荒子町643-4
【東京オフィス】
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目5番5号
国際善隣会館 6階A
TEL:03-6264-5313 FAX:03-6264-5314
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1
【西日本営業所】
〒790-0925 愛媛県松山市鷹子町716-2

・国際規格 ISO/IEC 17025:2017
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 29動薬第1665号-3
・GLP 元動薬第2730号-3
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・GMP 元製造薬第442号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証17-015号
・GMO二種使用等拡散防止措置確認

会社概要
  • 地域未来牽引企業

  • 事業継続力強化計画

  • 採用情報リクナビ