株式会社食環境衛生研究所(食環研)は、安全をモットーに生活環境および「食」に対して貢献し、ヒトの健康と快適な生活環境を創造する企業です。

動物用医薬品開発試験(GCP・GLP)

動物用医薬品開発試験(GCP・GLP)

  • 検査・分析内容

動物用医薬品開発の内容

動物用医薬品開発

動物用医薬品の開発を強力サポート

私たちは、動物用医薬品のCRO(開発業務受託機関)
として受託試験を行っております。

動物用医薬品の登録を国へ申請するためには、
品質管理」「有効性」「安全性」の3つに関して
臨床試験および非臨床試験が必要となります。

食環研では、「GCP省令」、「GPSP省令」及び「GLP省令」に基づき、家畜用(鶏・豚・牛・淡水魚・海水魚)から、ペット用(犬・猫)医薬品、医薬部外品まで、新薬を動物やオーナーに届けるためのサポートをさせていただきます。

動物用医薬品開発受託のパンフレットはこちら → 動物用医薬品開発

施設を見る → 試験施設および動物飼育施設

実験動物福祉に関する取り組み → 実験動物福祉

実施可能試験

試験内容

 ・ GCP試験;臨床試験(野外農場、動物病院)  ・ GLP試験;残留試験、安全性試験
 ・ GPSP試験(年次報告、申請書作成)  ・ 生物学的同等性試験(血中濃度分析、溶出試験)
 ・ 学術研究機関対象の感染試験  ・ 薬剤感受性調査(野外株分離同定、MIC 測定)
 ・ 動物用医薬品の承認申請資料作成  ・ 規格設定試験及び安定性試験
 ・ 保存安定性試験(長期保存試験、加速試験)  ・ 自家試験
 ・ 人工感染試験(ウイルス、細菌、ノミ・マダニ、フィラリア)
 ・ 薬剤感受性試験(マダニ、ワクモ、トリサシダニ)

※ ダニ・ノミ・フィラリア試験の受託開始しました。 →  人工感染試験について
※ 弊社で撮影したフィラリアの動画です。→トウゴウヤブカの頭部からでてきたフィラリアL3仔虫
                    →マルピーギ管内のフィラリアL2仔虫

など、その他試験にも対応できる場合があります。お問い合わせください。
その他、一般受託試験の詳細はこちら → 一般受託試験

飼育可能動物

牛
 ・ 牛
豚
 ・ 豚
鶏
 ・ 鶏
 ・ 犬   ・ 猫   ・ 山羊 
 ・ マウス、ラット  ・ 魚(淡水魚、海水魚)  ・ プランクトンなどの微生物

試験設備(一例)

豚の飼育施設
 ・ 豚の飼育施設
マウス飼育ゲージ
 ・ マウス飼育ゲージ
魚の飼育
 ・ 魚の飼育
閉鎖型ウイルス実験室
 ・ 閉鎖型ウイルス実験室
動物飼育室
 ・ 動物飼育室
分析機器(LC/MS/MS)
 ・分析機器(LC/MS/MS )
アイソレーター
 ・ アイソレーター
多目的試験室
 ・ 多目的試験室
グローブボックスアイソレーター
 ・ グローブアイソレーター


事業登録・承認

 ・ GCP 適合評価(受託機関・実施機関)   ・ GLP 適合評価(飼育採材(牛,豚,鶏)残留分析) 
 ・ 飼料添加物GLP 適合評価(残留分析)   ・ 学術研究機関の指定
 ・ 届出伝染病等病原体所持の届出  ・ 輸入種卵の搬入場所の認定
 ・ 動物用医薬品製造業許可(GMP)1号、4号  ・ 遺伝子組換え生物等の二種使用(GMO)

ご依頼方法

●お電話でご依頼

TEL.027-230-3411

ご相談、ご質問もお気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ

お問い合わせフォーム

フォームに必要事項をご記入ください。

ページの先頭へ戻る

株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1

・国際規格 ISO/IEC 17025:2005
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 28動薬第1432号-2
・GLP 28動薬第1746号-2
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証015号
・GMO二種使用 農水省指令28消安第4863号

群馬県環境GS(認定番号190439)

チャレンジ25