(株)食環境衛生研究所(食環研)は、食の「生産者」から「消費者」まで・・・人の「安全・安心」と「命」を守る企業です。 English page | Shoku-Kan-Ken,inc.

どうぞお気軽にお問い合わせください TEL.027-230-3411 営業時間/平日8:30~17:30(土日祝 休)

HACCP導入が進まない…どうしたらい?

HACCP導入が進まない…どうしたらいい?

 2021年6月から「HACCPに沿った衛生管理の制度化」が完全施行されます。「HACCPについて調べてみたけど…」「制度化まで時間がないけど…」 どうしたらよいか分からない、といった事業者、特に飲食店事業者の方は多いのではないでしょうか。そこで中小飲食店事業者の方向けにそんなお悩みにお答えします。

HACCPについて

HACCPとは?

HACCPはもともとCODEX(コーデックス)という食品の国際規格で定められた考え方で、食品の製造・調理工程で、どの段階で微生物や異物混入が起こりやすいか予測や分析し被害が起きないように防ぐ手法です。世界的にはHACCPで管理しているなら安全という考えになっているのが現状です。




 制度化に求められているのは、HACCPに沿った衛生管理の実施であって、何らかの認証が必須という訳ではありません。 HACCPとは、認証ではなくあくまでも仕組みであり、今まで実施していた衛生管理を基に導入することができるため、基本的には投資は必要ありません。あくまでも、HACCPの本質は安全な食品を製造することです。ただ、外部コンサルに依頼することで、迅速・合理的にHACCPを構築し導入することはできます。  
 

HACCPで管理しないといけない理由

 日本の食中毒発生は約60%が飲食店であり、発生した時に事業に与えるダメージは大きいです。

   

 

HACCP導入のメリット

 新型コロナウイルスの影響により、店頭にアルコール消毒液を設置したり、客席の清掃・消毒をこまめに行ったりと、 これまで以上に衛生対策に注意を払っている飲食店がほとんどだと思います。 それでは、厨房内の清掃・消毒、食材の取扱いはどこまで衛生的な取り扱いができているでしょうか。 HACCP制度化、そして新型コロナウイルスの影響も加わって一般消費者は、これまで以上に食品の安全性を求めることになります。 そのため、HACCP導入は消費者が求めていることに応えることにも繋がります。 施設のルールを「見える化」することで、トラブル発生時の対応がすばやくでき、さらには、同じ失敗を繰り返さないで済みます。 安全性の高い料理はお客様にも好感を持たれ、作業効率が上がり、調理場内の無駄がなくなります。 また、複数店舗経営をされている場合には、このルールの「見える化」により、一定の水準を持った衛生管理の仕組みを構築することができ、それを保つことができるようになります。
 
 HACCP制度化後は、衛生管理計画を作成することが必須となります。特に決められた書式はありませんので、施設に合った内容にしていくことがHACCPの取組みの第一歩となります。

 

HACCP Q&A

 

HACCPでよくある疑問点をQ&A形式でまとめております。
 詳細はリンク先を御覧ください。
 詳細はこちらです。→《HACCP Q&A》


お問い合わせ等

●お電話でご依頼

TEL.027-230-3411

ご相談、ご質問もお気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ

お問い合わせフォーム

フォームに必要事項をご記入ください。

●見積を依頼する

ご見積もりフォーム

ご見積フォームに必要事項をご記入ください。

●検査を依頼する

ご依頼フォーム

ご依頼フォームに必要事項をご記入ください。

●検査依頼書を作る

検査依頼書ダウンロード

こちらから依頼書をダウンロード出来ます。

 


●トップページへ戻る→《トップページ》

検査項目

食品分野
食品分野


1. 食品表示成分検査


2. 安全性確認検査


3. クレーム対応・付加価値検査

環境・衛生分野


1. 衛生検査


2. 環境検査


3. 資材・廃棄物検査

畜産分野

新型コロナ対策(お役立ち情報)

セミナー・イベント情報

お役立ち情報

ISO17025 認定検査

用語辞典

病気

コラム

採用情報

食環研Blog

ORIGAMIマスクハンガー

ページの先頭へ戻る



株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【品質管理センター】
〒379-2106 群馬県前橋市荒子町643-4
【東京オフィス】
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目5番5号
国際善隣会館 6階A
TEL:03-6264-5313 FAX:03-6264-5314
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1
【西日本営業所】
〒790-0925 愛媛県松山市鷹子町716-2

・国際規格 ISO/IEC 17025:2017
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 29動薬第1665号-3
・GLP 元動薬第2730号-3
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・GMP 元製造薬第442号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証17-015号
・GMO二種使用等拡散防止措置確認

会社概要
  • 地域未来牽引企業

  • 事業継続力強化計画

  • 採用情報リクナビ