陽性対照

使用する試験系に作用させると明確な反応を高い再現性で発生させることが知られた物質を対照として用いるもので、試験系の反応性が不安定である試験では特に必要である。090207