【豚】病性鑑定検体の必要量や発送について知りたい

基本的に10kgまでの豚であれば、豚ごとお送りいただいて構いませんが、
それ以上であれば、解剖し、臓器だけお送りいただいております。
その際、心肺、腸管、肝臓・腎臓・脾臓は別の袋に入れ、混ざらないようにお願いいたします。
(臓器の採材の際は、臓器が地面につかないように、また水で洗ったりしないようにお願いいたします。)
輸送に関しましては、においや液が漏れないように、袋を3重以上にしていただき、発泡スチロールの箱に入れ、冷蔵便でお送りください。
詳細、その他ご不明な点は、こちらのフォームからご相談下さい。