(株)食環境衛生研究所(食環研)は、食の「生産者」から「消費者」まで・・・人の「安全・安心」と「命」を守る企業です。 English page | Shoku-Kan-Ken,inc.

どうぞお気軽にお問い合わせください TEL.027-230-3411 営業時間/平日8:30~17:30(土日祝 休)

検査項目検索

検索結果詳細

検査項目名:下痢性貝毒

検索結果へ戻る >>

検査項目 下痢性貝毒
検査カテゴリ 食品有害物質検査
英名 Shellfish toxin (laxative)
別名 貝類における蓄積性毒物
分析方法 マウス試験
検査期間 7-10営業日
料金 33,000円
説明
◎ 下痢性貝毒とは

下痢性貝毒とは、貝類に蓄積される毒性物質のうち、汚染された貝類を
食すると下痢を伴う食中毒症状を生じる物質です。

具体的な毒性成分として、ディノフィシストキシン (dinophysistoxin,DTX)
オカダ酸 (okadaic acid,OA)、ペクテノトキシン群(PTX)などか確認されています。

わが国では、1970年代後半に、東北地方を中心に大規模な貝毒食中毒が発生して
問題となり、規制値が設定されました。


◎ 残留基準値
(食品衛生法より)
食品名 基準値
貝類(可食部) 0.05 MU/g

※ MU(マウスユニット)・・・・貝およびフグ等様々な毒素の影響量に対する単位。 体重20グラムのマウスに毒性物質を腹腔投与した際、下痢性貝毒では24時間で 死亡させる毒の量が1MUと規定されている

その他食品の詳しい基準値については、どうぞお気軽にご相談ください。

◎ 担当より一言

貝類を食べてあたったという経験がある方は、ノロウィルス等の
細菌・ウイルス性が原因であることが多いですが、
貝毒による食中毒の可能性もゼロではありません。
貝毒は調理による加熱等で分解されない性質もありますので、ご注意ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●お電話でご依頼

TEL.027-230-3411 ご相談、ご質問もお気軽にお問い合わせ下さい

●お問い合わせ

お問い合わせフォーム お問い合わせフォームに必要事項をご記入下さい

●ご依頼

ご依頼フォーム ご依頼フォームに必要事項をご記入下さい

●検査依頼書

検査依頼書ダウンロード 検査依頼書をご記入の上FAXでお送り下さい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎ 検体の送付方法等

・弊社検査の流れはこちらをご覧下さい→「検査の流れ
・検体は宅配便等で弊社までお送り下さい。送料はお客様負担となります。
・温度変化の影響を受けやすいものは、冷蔵指定でお願いいたします。
・検体必要量については、可食部に換算して200g以上
 全体が均一な場合は100g以上となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「関連ページ」に戻る→「関連ページ内容

貝類のノロウィルス検査はこちら。→「ノロウィルス検査

PDF  

検索結果へ戻る >>



検査項目

受託試験
食品分野


1. 食品表示成分検査


2. 安全性確認検査


3. クレーム対応・付加価値検査

環境・衛生分野


1. 衛生検査


2. 環境検査


3. 資材・廃棄物検査

畜産分野
動物病院向け検査

セミナー・イベント情報

お役立ち情報

ISO17025 認定検査

用語辞典

病気

コラム

食環境衛生研究所Blog

ORIGAMIマスクハンガー

ページの先頭へ戻る



株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【品質管理センター】
〒379-2106 群馬県前橋市荒子町643-4
【東京オフィス】
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目5番5号
国際善隣会館 6階A
TEL:03-6264-5313 FAX:03-6264-5314
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1
【西日本営業所】
〒790-0925 愛媛県松山市鷹子町716-2

・国際規格 ISO/IEC 17025:2017
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 29動薬第1665号-3
・GLP 元動薬第2730号-3
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・GMP 元製造薬第442号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証17-015号
・GMO二種使用等拡散防止措置確認

会社概要
  • 地域未来牽引企業

  • 事業継続力強化計画

  • 採用情報リクナビ