腸管内容・便 大腸菌分離(大腸菌下痢及び浮腫病)

検査項目 腸管内容・便 大腸菌分離(大腸菌下痢及び浮腫病)
英名 Colibacillary Diarrhea and Edema Disease
分析方法

菌分離・同定及びPCRによる毒素因子、付着因子の検出

分析期間 5~7 営業日
検体必要量 糞便 1g
料金 13,200 円

説明

豚の大腸菌病について

豚の下痢原性大腸菌において、新生期下痢及び離乳後下痢に関与する主なものは毒素原性大腸菌(ETEC)であり、一部、微絨毛消失性粘着性大腸菌(AEEC)が見られます。
ETECはK88、K99、987P、F18のような線毛抗原によって腸管内に付着し、LT、STといった腸管毒を産生します。
またAEECがインチミンにより腸管に付着すると、微絨毛が萎縮、消失し吸収不良性の下痢を引き起こします。
浮腫病は、ベロ毒素産生性大腸菌(VTEC)により産生されるStx2eにより引き起こされます。
毒素は体内に吸収され毒血症となり、全身の浮腫、神経症状、急死を主要症状とします。

補足説明&担当者より一言

弊社の検査により、多数の病原因子を一度に検出することが可能です。
是非、ご利用ください。