アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ

検査項目 アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ
英名 Aspartate aminotransferase
別名 AST
分析方法

比色分析法

分析期間 5 営業日
検体必要量 血清又は血漿 200μL
料金 660 円

説明

◎ 「アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ」項目説明

ASTは心筋細胞・骨格筋細胞・肝細胞に多く存在します。
ASTが増加し、ALTが増加がみられない場合、心筋細胞や骨格筋細胞の障害の可能性が考えられます。

◎ 検査目的

肝臓・心筋・骨格筋の損傷

◎ 疑われる一般的な異常

増加:肝臓・心筋・骨格筋の損傷

◎ 材料/保管方法

血清・ヘパリン血漿/冷蔵