浮腫病

検査項目 浮腫病
英名 Edema disease
別名 Stx2e
分析方法

酵素標識抗体法

分析期間 5~10 営業日
検体必要量 50μL
料金 2,200 円

説明

国内で血液検査可能なのは食環研だけ。
農場の感染状況の把握にご活用ください。

浮腫病(Stx2e)の抗体検査が可能になりました!
浮腫病が農場で爆発すると急性で事故率が上がり、長期化する場合もあります。
弊社では2021年3月から浮腫病(Stx2e)ELISA検査が可能になりました。
浮腫病の要因の1つとして母豚からの垂直感染があります。
そのため、育成候補豚の適正な飼養管理と母豚群を安定化することが重要になります。
豚が、浮腫病発症のスイッチとなるストレスを感じないように管理することが重要なため、「管理病」と言われます。

【こんな時にお使い下さい】
① 移行抗体とそれによる母豚の感染状況の把握

② ELISA値の推移から野外感染時期を推察

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご依頼方法

●検査を依頼する

ご依頼フォーム

こちらから検査をご依頼いただけます。上記よりフォームに必要事項をご入力ください。

●検査依頼書を作る

検査依頼書ダウンロード

紙媒体で依頼書を作成する場合、こちらから依頼書をダウンロード出来ます。

●質問・相談する

お問い合わせフォーム

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。