一斉分析 260

検査項目 一斉分析 260
英名 Simultaneous Determination of agrochemicals( 260 substance)
別名 残留農薬一斉分析 260項目
分析方法

GC/MS(/MS) 法

分析期間 生鮮野菜は5営業日
加工品は10 営業日
検体必要量 野菜、果物などー400g以上(無作為に選んでください)
加工製品などの全体が均一な場合―200g以上
料金 44,000 円

説明

◎ 「一斉分析260」の特徴

農薬一斉分析260 項目は、弊社のスタンダードプランであり、
食品、加工品原料、土壌などに含まれる、殺虫剤・抗菌剤・除草剤等の中から、
260種類の化学物質を厳選した、販売実績No1検査パックです。

本分析は「公定法」に準じた手法で分析前処理が行われております。

また、弊社では一般的な残留農薬分析で用いられる「GC/MS」という機械の他、
必要に応じて最新型の「GC/MS/MS」という
より高性能な機器で二重検査を行うなど、
誤検出、間違った結果を出さない為の工夫・研究を通して、
日々、お客様に提供できる結果の品質維持に努めております。

260項目の詳細一覧表はこちら → 「農薬260成分

◎ 残留基準値

・検体の分類、対象物質によって個別の基準値が制定されています。
・それ以外の物質はポジティブリスト制度より、一律0.01ppmの基準値となります。
・260項目検査には「不検出(検出されてはいけない)」物質も含まれています。

農薬が検出された場合には、報告書に基準値も合せて記入しご報告いたします。
食品の詳しい基準値については、どうぞお気軽にご相談ください。

◎ 担当より一言

弊社の農薬一斉分析の中で一番選ばれているのがこのプランです。
一度に10検体以上で検査料金の特別割り引きというサービスもございますので、
どうぞお気軽にご相談ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎ 検体の送付方法等

・弊社検査の流れはこちらをご覧下さい→「検査の流れ
・検体は宅配便等で弊社までお送り下さい。送料はお客様負担となります。
・温度変化の影響を受けやすいものは、冷蔵指定でお願いいたします。
・検体必要量については、野菜、果物などの場合は
 200g以上(無作為に選んでください)、加工製品などの
 全体が均一な場合は100g以上となります。


●質問 相談する

お問い合わせフォーム

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

●依頼する

農薬検査依頼フォーム


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「関連ページ」に戻る→「残留農薬検査

検査項目数が足らない方はこちらをどうぞ。→「農薬一斉分析464項目

ご一緒に放射能検査をオススメしております。詳細はこちら→「放射能検査

PDF