アクリルアミド

検査項目 アクリルアミド
英名 Acrylamide
別名 2-プロペンアミド
分析方法

LC/MS/MS 法

分析期間 5-10 営業日
検体必要量 50g
料金 20,900 円

説明

アクリルアミドとは

工業用途において紙力増強剤や水処理剤、土壌凝固剤、漏水防止剤、化粧品(シェービングジェルや整髪剤)などに用いられるポリアクリルアミドの原料として1950年代から製造されている化学物質です。
炭水化物を多く含む原材料を高温(120℃以上)で加熱調理した食品に生成することが発見され、ポテトチップなど多くの食品に含有している可能性があります。

残留基準値 (抜粋)

日本では、食品に含まれているアクリルアミドについて、食品衛生法等に基づく基準値等は設けられていませんが、現在農林水産省ではリスク管理措置の必要性を検討するためアクリルアミドの含有量が多いと想定される食品や消費量が多い食品について、調査を行っています。

検査方法

本検査はISO17025認定を取得した方法と同様のバリデートされた方法で
検査を行っております。(「Steven M.Musser: Detection and Quantitation
of Acrylamide in Foods, FDA,  2003.2.24」に準拠)

アクリルアミド検査(ISO対応検査)詳細はこちらです
→「アクリルアミド検査(ISO) 」 

【対象検体:食品】
【必要検体量:100g以上】
【定量下限値:10μg/kg(=ppb)】

※検体の種類によっては、別の分析法を選択する場合がございますので了承頂けます様お願い致します。

担当より一言

弊社はアクリルアミド検査でISOを取得している分析機関です。

農林水産省様より食品中のアクリルアミドの受託分析を行っている分析機関一覧として紹介を頂いております。
農林水産省様のホームページ
→「アクリルアミドの受託分析を行っている分析機関一覧

アクリルアミド検査に関する疑問・質問等ありましたら、
お気軽にお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎ 検体の送付方法等

・弊社検査の流れはこちらをご覧下さい→「検査の流れ
・検体は宅配便等で弊社までお送り下さい。送料はお客様負担となります。
・温度変化の影響を受けやすいものは、冷蔵指定でお願いいたします。
・検体必要量については、野菜、果物などの場合は
 200g以上(無作為に選んでください)、加工製品などの
 全体が均一な場合は100g以上となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


●質問 相談する

お問い合わせフォーム

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

●依頼する

width=


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連ページに戻る→「残留農薬検査

ご一緒に残留農薬分析をお勧めしております。→「農薬一斉分析260項目

PDF