【食中毒】京都府 菓子店でノロウイルス食中毒

3月17日、京都府の菓子店が製造した「いちご大福」を食べた13人が下痢や嘔吐などの症状を訴えました。調理従事者を含む4人の便からノロウイルスが検出されました。

府は3月22日から2日間、当該店舗を営業停止処分としています。
検便検査・ノロウイルス検査はこちら → 検便検査・ノロウイルス検査
食品検査はこちら → 細菌・ウイルス検査