(株)食環境衛生研究所(食環研)は、食の「生産者」から「消費者」まで・・・人の「安全・安心」と「命」を守る企業です。 English page | Shoku-Kan-Ken,inc.

どうぞお気軽にお問い合わせください TEL.027-230-3411 営業時間/平日8:30~17:30(土日祝 休)

異物混入・異臭分析

異物混入・異臭検査・差異分析

  • 検査・分析内容
  • 料金と検査期間
  • ご依頼フォーム

検査内容

食品異物混入判別検査

異物混入・異臭検査では、混入異物の詳細な観察と科学分析
によって、食品の製造・運搬・販売過程で起こる、様々な
問題やクレームの原因を特定するお手伝いをいたします。

「食品原料の搬入段階で、いつも輸入している商品と違い、
白いカビのようなものの混入を確認したがこれは?」

といった、食品の製造・出荷段階で起きた問題の
原因特定や品質管理から、

「買った食品に毛のようなものが混入していた」
「食品から異臭がするのだが不良品ではないか?」

など、流通・販売後のクレーム原因の究明まで、
幅広い専門知識を持つ弊社スタッフがお客様の希望に沿った細かな提案をいたします。

特定可能な混入異物(一例)

・ プラスチック類(PE、PP、PA、PETなどマイクロプラスチック可)、繊維(天然、合成)、
人毛、獣毛、昆虫類、植物片、金属片、真菌(カビ)、細菌、骨、油脂類、ガラス etc…

異物検査Q&A

異物検査でよくある疑問点をQ&A形式でまとめております。
詳細はリンク先を御覧ください。
詳細はこちらです。→《異物検査Q&A》

具体的な検査内容

簡易検査

◆ 顕微鏡観察(簡易検査の基本となります)
顕微鏡による目視により、混入した異物が何であるか観察します。

・繊維状の異物 → 髪の毛、動物の毛、化学繊維、
          植物の一部、昆虫の一部 etc…
・昆虫の部位 → どのような昆虫か種類の特定

その他、金属片、木片、生物由来の異物など様々な異物を
専門知識で見分けます。

◆ その他の簡易検査
・細菌、真菌と推定 → 培養後、同定試験  例)細菌はApiの使用、真菌は形態観察など。
・昆虫類のカタラーゼ試験 → カタラーゼの有無を観察することにより、混入タイミングの推定ができます。
・燃焼試験 → 燃焼の仕方や燃焼時に発生するにおいなどで、推定します。

機器検査

簡易検査では、プラスチック類の種類、金属の種類、有機物の種類までは
判定できないことが多く、その場合下記の機器による検査が有効です。

◆ SEM-EDS分析
肉眼や光学顕微鏡では観察することができないnm(ナノミリ)レベルの
観察を行うことができ、表面の形状や構成する元素を確かめる事が
できる装置です。従来の装置では観察することができなかった
細菌類の形状など細部の情報を得ることができます。


◆ FTIR分析
有機物(プラスチック、油脂・・・その他)の解析に向いています。
比較品との相同性や、データベース照会による推定が出来ます。



◆ EDX解析
金属片の解析に向いています。金属の組成比から金属種の推定が出来ます。



その他のクレーム品対応検査

官能試験と機器検査により、正常品とクレーム品の性質を判断します。

・異臭検査  → 臭気判定士による判断とHS-GC/MSによる
         におい成分分析により異臭の原因物質を推定します。
・微生物検査 → 一般細菌数等を比べることによりロット間での食品の腐敗進行度、
         傷み具合を比べることができます。
・味覚的検査  → 酸っぱさの成分(クエン酸等)やうまみ成分(遊離アミノ酸)等を
          分析機器により測定し、両者で違いがあるか判断します。
・差異分析  → LC-TOFMSにより水質または食材などに含まれる成分について、
対照品と異なる成分が含まれているかを測定します。

その他、精密機器等による検査

・金属片などはICP/AES等を用いた元素分析(構成金属の同定)も行う事ができます。
・残留農薬やカビ毒、食品添加物等の化学物質の検査も可能です。
・獣医による病理組織鑑定も行うことができます。

検査メリット


弊社では化学的、生物学的な分析・検査結果から、総合的な混入異物・異臭の判断が可能です。

第三者機関による「ロット間の品質格差の原因特定」や「クレーム原因の究明」等にお役立ていただけます。

最速受付当日に分析報告書をお送りいたします。
(検査内容によります。また、培養同定等が必要な場合は最長2週間程度要します)
報告書内容の詳細説明にもご対応いたします。

お客様の検体の種類、クレーム内容、ご予算などに応じて無駄のない最適な検査内容を
ご提案いたしますので、まずは、下記よりお気軽にご連絡・ご相談ください。

検査・相談 Q&A 

Q&Aバナートップ

検査・試験を依頼する 

検査・試験を依頼する



検査項目

食品分野
食品分野


1. 食品表示成分検査


2. 安全性確認検査


3. クレーム対応・付加価値検査

環境・衛生分野


1. 衛生検査


2. 環境検査


3. 資材・廃棄物検査

畜産分野

セミナー・イベント情報

お役立ち情報

ISO17025 認定検査

用語辞典

病気

コラム

食環境衛生研究所Blog

ページの先頭へ戻る



株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【品質管理センター】
〒379-2106 群馬県前橋市荒子町643-4
【東京オフィス】
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目5番5号
国際善隣会館 6階A
TEL:03-6264-5313 FAX:03-6264-5314
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1

・国際規格 ISO/IEC 17025:2017
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 29動薬第1665号-3
・GLP 元動薬第2730号-3
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・GMP 元製造薬第442号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証17-015号
・GMO二種使用等拡散防止措置確認

会社概要
  • 地域未来牽引企業

  • 事業継続力強化計画

  • 採用情報リクナビ