株式会社食環境衛生研究所(食環研)は、安全をモットーに生活環境および「食」に対して貢献し、ヒトの健康と快適な生活環境を創造する企業です。

鶏/病性鑑定

  • 検査・分析内容
  • 料金と検査期間

鶏/病性鑑定の検査内容と方法

解剖所見

病理解剖を行い、肉眼所見による判定および、必要な場合は以下の病原因特定検査を実施します。
通常斃死鶏LOTあたり3~5羽の解剖検査を実施します。

細菌培養

病原菌による病原因が疑われる場合に実施します。 各種細菌に対応:大腸菌、クロストリジウム、アビバクテリウム・パラガリナルム、マイコプラズマ等

薬剤感受性検査

分離された病原菌に対する効果的な抗生物質を検索します。
対応薬剤:約20種類対応

ウイルス分離

IB等ウイルス感染が疑われる場合に実施します。
各種ウイルス培養を実施可能です:IB、ND、TRT、ILT、POX等

ウイルス同定

ウイルス感染が疑われる場合のウイルス特定に用います。PCR法により判定します。
各種ウイルスに対応:IB,ILT,ND,TRT,CAV

寄生虫検査

寄生虫による消化器疾患等の際に確認します。顕微鏡観察により判定します。
各種寄生虫または寄生虫卵、原虫(コクシジウム)

病理検査

上記項目では確定できないような事象の際に使用します。
また、病原因特定の際の裏付けにも使用します。

鶏/細菌検査の検査内容と方法

畜産生産物検査

卵や食肉などに存在する食中毒原因等の微生物検査を実施します。
検査対象:生産物

飼育環境検査

飼育環境におけるサルモネラ保菌状況調査や消毒後の効果確認検査などを実施します。
検査対象:鶏舎塵埃、糞便、ふき取り等

飲水検査

鶏が飲用する水の水質検査を行います。
検査対象:井戸水など飲水

飼料検査

鶏が摂食する飼料中のサルモネラ保菌検査や衛生状態を確認します。
検査対象:飼料

堆肥検査

堆肥の成熟具合や大腸菌などの残存状況、放線菌の増殖状況など確認します。 検査対象:完熟たい肥など

ご依頼方法

●お電話でご依頼

TEL.027-230-3411

ご相談、ご質問もお気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ

お問い合わせフォーム

フォームに必要事項をご記入ください。

●検査ご依頼書

検査依頼書ダウンロード

こちらから依頼書をダウンロード出来ます。

ページの先頭へ戻る

株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1

・国際規格 ISO/IEC 17025:2005
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 28動薬第1432号-2
・GLP 28動薬第1746号-2
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証015号

群馬県環境GS(認定番号190439)

チャレンジ25