(株)食環境衛生研究所(食環研)は、食の「生産者」から「消費者」まで・・・人の「安全・安心」と「命」を守る企業です。 English page | Shoku-Kan-Ken,inc.

どうぞお気軽にお問い合わせください TEL.027-230-3411 営業時間/平日8:30~17:30(土日祝 休)

食環研コラム

分娩時における母豚への輸液療法

(ピッグジャーナル2014年2月号掲載)
分娩時における母豚への輸液療法

FLUID THERAPY IN SOWS DURING PARTURITION


1.序論
 年間に母豚が生む子豚の数は、豚農家の収入に影響を与える。分娩時や泌乳期における母豚の健康状態が健康な子豚を生むことができるか否かに影響する。分娩時の母豚には特に注意を払う必要がある。分娩には平均3~5時間かかるが、この時間は母豚や子豚に害を及ぼす可能性がある。分娩時に子豚が生まれる間隔は12~15分だが、20分を超える母豚も見受けられる。 輸液療法は脱水症対策や健康状態の改善に用いられている方法である。本研究では分娩時の母豚における輸液療法の効能を評価することを目的とした。

2.方法
 一般的な農場から妊娠117日の健康な母豚3頭を選択した。
 母豚は清潔な分房にて飼育した。
 初めの子豚が生まれてから母豚に対して以下のように処置した。

  母豚A:Acetar輸液 7%/㎏
  母豚B:生食輸液 7%/㎏
  母豚C:Cont群

 これら3頭の母豚に耳静脈からカテーテルを挿入し、分娩を開始してから毎時血液を採材した(計5回)。

 観察項目
  ・血中グルコース濃度
  ・血漿中タンパク濃度
  ・子豚の出生数
  ・母豚の行動(分娩時)

3.結果
  母豚Aは分娩に異常はなく、母豚BおよびCに比べて分娩時間は短く(表1)、食欲もよかった。さらに、母豚Aは血中グルコース濃度が一定で(表2)かつ血漿タンパク濃度は高かった。

コラム(輸液療法)表1.jpg
コラム(輸液療法)表2.jpg

4.考察
 分娩時において母豚には輸液療法が有効であるという結果が得られた(表1)。母豚Aは輸液後すぐに食べ始め、分娩時間は短かった。さらに血中グルコース濃度が100㎎/dlを維持しており、輸液が栄養源となっていることが示唆された(表2)。母豚Aにおける血漿タンパク濃度は9.0~9.4g/dlの範囲であった(正常値6.0~8.0)。これは母豚Aが他の母豚に比べて食べ始めが早かったことによると考えられる。結論としてAcetarは分娩時の母豚に対する輸液の選択肢の1つとなる。

5.一言
 分娩時に母豚に対して輸液療法を実施すると分娩時間短縮、出生数増加および食欲促進効果がある結果となった。各1頭ずつではあるが、参考になる結果である。

Siriporn T.,Panida C. and Kampon K.
The 6th Asian Pig Veterinary Society Congress Ho Chi Minh City Vietnam September 23-25.2013

« ニンニク(Allium sativum)とウコン(Curcuma longa)の30~90日齢 豚の免疫に対する効果 | 畜産に関するコラム | 子豚の初乳摂取量に影響を与える因子 »

検査項目

食品分野
食品分野


1. 食品表示成分検査


2. 安全性確認検査


3. クレーム対応・付加価値検査

環境・衛生分野


1. 衛生検査


2. 環境検査


3. 資材・廃棄物検査

畜産分野
動物病院向け検査

新型コロナ対策(お役立ち情報)

セミナー・イベント情報

お役立ち情報

ISO17025 認定検査

用語辞典

病気

コラム

採用情報

食環研Blog

ORIGAMIマスクハンガー

ページの先頭へ戻る

株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【品質管理センター】
〒379-2106 群馬県前橋市荒子町643-4
【東京オフィス】
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目5番5号
国際善隣会館 6階A
TEL:03-6264-5313 FAX:03-6264-5314
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1
【西日本営業所】
〒790-0925 愛媛県松山市鷹子町716-2

・国際規格 ISO/IEC 17025:2017
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 29動薬第1665号-3
・GLP 元動薬第2730号-3
・GLP 24消安第4322号
・動物用医薬品製造業 元製造薬第442号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証17-015号
・GMO二種使用等拡散防止措置確認

会社概要
  • 地域未来牽引企業

  • 事業継続力強化計画

  • 採用情報リクナビ