(株)食環境衛生研究所(食環研)は、食の「生産者」から「消費者」まで・・・人の「安全・安心」と「命」を守る企業です。 English page | Shoku-Kan-Ken,inc.

どうぞお気軽にお問い合わせください TEL.027-230-3411 営業時間/平日8:30~17:30(土日祝 休)

食環研コラム

石綿含有建材の分析を行う必要性とは?

石綿は、石綿則による使用制限がかかる以前の建築物については、石綿含有建材を使用して、現在も世の中に数多く存在しています。(以下、労働安全衛生法より抜粋)

安衛法 昭和50年 石綿を5重量%を超えて含有する材料の石綿等の吹付け原則禁止
安衛法 平成7年 石綿を1重量%を超える石綿吹付けの原則禁止
安衛法 平成16年 石綿を1重量%を超えて含有する建材、摩擦材、接着剤等の製造等の禁止
安衛法 平成18年 石綿を0.1重量%を超えて含有する製品の禁止

古くなった建築物を建て替えるときや、取り壊すときなどに石綿含有建材が含まれている場合は、取り壊す際に出る塵埃に石綿が混ざり出てくる可能性が否めません。石綿を吸入した際の健康障害において、石綿肺肺がんや中皮腫、胸膜プラークなどの悪影響が懸念されています。法律によって規制されていることからもわかる通り、石綿がどの程度含まれているかでも、解体方法について労働安全衛生上、変わってきます。

再生資源の観点からも、石綿含有建材は建材のリサイクルができません。
人体への悪影響から法律で規制されているからですが、石綿を含有していない【リサイクルできる部分】も不用意な解体により石綿が混ざり込んだことによって、リサイクルが不可能となってしまいます。

また、石綿が含まれた廃棄物の処理方法には、人の健康や生活環境に係る被害を出さないための無害化(非繊維化)処理が検討されています。例えば、超高温(1500℃前後)で溶融させて、処理することで石綿を無害化します。こうすることで、人工骨材や路盤材、コンクリート骨材等に再利用も可能にできます。
しかし、この方法では、多額の設備投資が必要であり、処理費用も決して安くありません。
その為にも、石綿の含有、無含有を把握することは様々な面でも重要であると言えるでしょう。

このような健康面や再生資源の様々なリスクを回避するためにも、石綿分析を行っていく必要があります。

« 石綿定性分析とは? | 環境に関するコラム | 食環境衛生研究所の石綿定性分析についての紹介 »

検査項目

食品分野
食品分野


1. 食品表示成分検査


2. 安全性確認検査


3. クレーム対応・付加価値検査

環境・衛生分野


1. 衛生検査


2. 環境検査


3. 資材・廃棄物検査

畜産分野
動物病院向け検査

新型コロナ対策(お役立ち情報)

セミナー・イベント情報

お役立ち情報

ISO17025 認定検査

用語辞典

病気

コラム

採用情報

食環研Blog

ORIGAMIマスクハンガー

ページの先頭へ戻る

株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【品質管理センター】
〒379-2106 群馬県前橋市荒子町643-4
【東京オフィス】
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目5番5号
国際善隣会館 6階A
TEL:03-6264-5313 FAX:03-6264-5314
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1
【西日本営業所】
〒790-0925 愛媛県松山市鷹子町716-2

・国際規格 ISO/IEC 17025:2017
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 29動薬第1665号-3
・GLP 元動薬第2730号-3
・GLP 24消安第4322号
・動物用医薬品製造業 元製造薬第442号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証17-015号
・GMO二種使用等拡散防止措置確認

会社概要
  • 地域未来牽引企業

  • 事業継続力強化計画

  • 採用情報リクナビ