(株)食環境衛生研究所(食環研)は、食の「生産者」から「消費者」まで・・・人の「安全・安心」と「命」を守る企業です。 English page | Shoku-Kan-Ken,inc.

どうぞお気軽にお問い合わせください TEL.027-230-3411 営業時間/平日8:30~17:30(土日祝 休)

食環研コラム

痒がる豚はいませんか?~皮膚炎対策の意味~

皆さんの農場で種豚や子豚が痒がり、壁や柵などに体をこすりつける症状はでていませんか?近年は飼養される豚の種類も多く、皮膚色や毛色によっては皮膚炎症とは気がつかない農場も多く見られています。

耳介部や首筋、背中にかけてはっきりとした皮膚炎症状が出ていれば対応も真剣になるのでしょうが、首、足、腹部の内側に炎症がある場合は見過ごす傾向が高くなります。

たかが皮膚炎とは思ってはいないでしょうが、皮膚炎はあまり目立たなく確実に進行していくサイレンサ―的な疾病であるため、そのストレスは想像を超えてあらゆる疾病の温床になり易く、ワクチンや薬剤、飼料の栄養に至るまで効果効能を下げてしまう怖い存在なのです。

◎皮膚炎の原因◎

①疥癬ダニ

②シラミ

③黄色ブドウ球菌(スス病)

④真菌(カビ)

⑤アレルゲン(おがくず、もみ殻、そばがら、廃棄食材など)

⑥乾燥環境、塵埃環境

⑦薬品炎症(豚体消毒薬の濃度不備、洗浄行為の不備など)

◎皮膚炎から起こりやすい弊害◎

①皮膚炎症から来る様々なストレス

②繁殖障害(不受胎、再発、受胎率低下、産子数の低下とばらつき、生時体重の低下とばらつき、流産、早産など)

③離乳体重の低下とばらつき

④虚弱子豚の増加

⑤事故率の増加(肺炎、下痢、発育不良の誘発)

⑥出荷日齢の遅延

⑦枝肉のばらつき

⑧肉質低下

◎考えてほしいこと◎

①種豚、子豚、肥育豚の皮膚状況や行動状況のチェック

②色々な対応は行っているが生産性の改善がイマイチ見られない農場は要注意

③現在行っている外部寄生虫対策の再確認

④外部寄生虫対応資材について

  ・注射タイプ:薬剤の注射量、注射部位、注射時期に注意。効果が半減しやすいこともあります。

※メーカー別で若干使用方法が異なります。良く確かめてください。

・添加タイプ:薬剤の添加量、投薬日数、投薬時期に注意。効果の半減や事故になることもあります。

※メーカー別で若干使用方法が異なります。良く確かめて下さい。

豚体消毒タイプ:薬液の濃度、洗浄・消毒方法、実施時期に注意。

⑤♂豚舎の清掃管理

⑥導入豚舎・自家育成管理舎の清掃管理

⑦ストール舎・交配舎の清掃管理

⑧分娩舎の清掃管理

⑨蛍光灯の清掃、明るさの見直し

 



« 口腔液抗体によるPRRSVのモニタリング:コマーシャル農場における試験的研究 | 畜産に関するコラム | 家畜の感染症の検査方法(血清学的検査)について »

検査項目

食品分野
食品分野


1. 食品表示成分検査


2. 安全性確認検査


3. クレーム対応・付加価値検査

環境・衛生分野


1. 衛生検査


2. 環境検査


3. 資材・廃棄物検査

畜産分野

新型コロナ対策(お役立ち情報)

セミナー・イベント情報

お役立ち情報

ISO17025 認定検査

用語辞典

病気

コラム

採用情報

食環研Blog

ページの先頭へ戻る



株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【品質管理センター】
〒379-2106 群馬県前橋市荒子町643-4
【東京オフィス】
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目5番5号
国際善隣会館 6階A
TEL:03-6264-5313 FAX:03-6264-5314
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1

・国際規格 ISO/IEC 17025:2017
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 29動薬第1665号-3
・GLP 元動薬第2730号-3
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・GMP 元製造薬第442号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証17-015号
・GMO二種使用等拡散防止措置確認

会社概要
  • 地域未来牽引企業

  • 事業継続力強化計画

  • 採用情報リクナビ