アルコール消毒が効きにくいウイルスとは?

はじめに

ここ数年、私たちを苦しめてきたコロナウイルスにはアルコール消毒が有効といわれています。しかしウイルスの中でもアルコール消毒が効きにくいと言われているものも存在します。今回はアルコール消毒が効きにくいウイルスについてお話していきたいと思います。

エンベロープウイルスとノンエンベロープウイルス

少し難しい話になるのですが、アルコール消毒が有効かどうかはウイルスの構造によって決まります。エンベロープという膜をまとったウイルスにはアルコール消毒が有効で、膜のないノンエンベロープウイルスにはアルコール消毒の効果が薄いとされています。エンベロープウイルスの膜をアルコールによって破壊することで、ウイルスの不活化につながります。一方ノンエンベロープウイルスは膜を持たず、アルコールに強い性質を持っています。
 

ウイルスの種類(例)

エンベロープウイルス ノンエンベロープウイルス
インフルエンザウイルス ノロウイルス
新型コロナウイルス ロタウイルス
ヘルペスウイルス サポウイルス

 
ノンエンベロープウイルスの不活化には塩素系の消毒が有効です。
ご家庭でも対策できるように、厚生労働省から情報発信されているので参考にしてみてください。
>>「感染性胃腸炎(特にノロウイルス)について|厚生労働省 (mhlw.go.jp)」はこちらをクリック!
 

まとめ

弊社ではノロウイルス、ロタウイルス、サポウイルスのPCR検査を行っております。
>>ノロウイルスの検査はこちらをクリック
>>ロタウイルスの検査はこちらをクリック
>>サポウイルスの検査はこちらをクリック
 
>>エンベロープウイルスの構造と不活性化機序 (kao.com)はこちらをクリック!
 
 

youtube