(株)食環境衛生研究所(食環研)は、食の「生産者」から「消費者」まで・・・人の「安全・安心」と「命」を守る企業です。 English page | Shoku-Kan-Ken,inc.

どうぞお気軽にお問い合わせください TEL.027-230-3411 営業時間/平日8:30~17:30(土日祝 休)

食環研コラム

家畜の感染症の検査方法(血清学的検査)について

血清学的検査は、病原微生物の感染による疾患の診断やモニタリングに
用いられています。
生体内にウイルスや細菌、異物が侵入してくると、
それに抵抗する抗体という物質をつくりからだを守ろうと働きます。
血清学的検査は、過去の感染によって、血清中に抗体ができているかどうか、
またどれくらいの量の抗体ができているのかを調べることができる重要な
検査方法です。
「血清学的検査」と一口に言っても、その検査方法は多種多様であり、
検出したい病原体に合わせて検査を行います。
今回のコラムでは、血清学的検査方法とその原理を
簡単に紹介したいと思います。
中和試験(NT)          
ウイルスに中和抗体が結合するとウイルスの感染性が阻害され、
細胞への感染あるいはウイルスの増殖が阻止される(ウイルス中和)。
  
NT.PNG



ゲル内沈降反応(AGP)        
寒天ゲル内に小孔を開け、抗原と血清をいれ拡散させる。
抗原と抗体が反応すると、結合物が白色の沈降線として見える。
AGP.PNG




酵素標識抗体法(ELISA)      
抗原を固相化後、検査血清(一次抗体)を加え一定時間反応させる。
酵素標識した二次抗体を加えさらに一定時間反応させる。
酵素基質を加えると発色する。この発色の程度を測定する。
ELISA.PNG



間接蛍光抗体法(IFA)        
組織や細胞内に存在する微生物などの抗原を、
蛍光色素で標識した抗体と反応させ検出する方法。
IFA.PNG



凝集反応(AG)          
抗体が抗原どうしを結び付けて、多数の抗原の塊を作る。
実際には、2倍階段希釈した血清に抗原を添加し、凝集が確認された
血清の最大希釈倍率を抗体価とする。
AG.PNG



赤血球凝集抑制反応(HI)      
赤血球凝集能(HA能)をもつ病原体に対する抗体を検出。
実際には、2倍階段希釈した血清に抗原、血球を添加し、
血球が沈殿する血清の最大希釈倍率を抗体価とする。
HI.PNG



補体結合反応(CF)        
補体は抗原抗体複合体に結合する性質がある。
【第1反応系】
抗原と抗体を反応させた後、補体を加えると抗原抗体複合体と結合する。
【第2反応系】
羊赤血球と抗羊赤血球抗体(溶血素)の複合体を加えると、
先の反応で残っている補体が結合活性化し羊赤血球を溶血させる。
その溶血度を測定することにより、残った補体量を測定できるので、
初めに消費された補体量が推定され、抗体価を算出できる。



※ 畜産分野検査に関する詳細はこちら ※

→ 


« 痒がる豚はいませんか?~皮膚炎対策の意味~ | 畜産に関するコラム | 家畜感染症の遺伝子検査について »

検査項目

食品分野
食品分野


1. 食品表示成分検査


2. 安全性確認検査


3. クレーム対応・付加価値検査

環境・衛生分野


1. 衛生検査


2. 環境検査


3. 資材・廃棄物検査

畜産分野

新型コロナ対策(お役立ち情報)

セミナー・イベント情報

お役立ち情報

ISO17025 認定検査

用語辞典

病気

コラム

採用情報

食環研Blog

ページの先頭へ戻る



株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【品質管理センター】
〒379-2106 群馬県前橋市荒子町643-4
【東京オフィス】
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目5番5号
国際善隣会館 6階A
TEL:03-6264-5313 FAX:03-6264-5314
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1

・国際規格 ISO/IEC 17025:2017
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 29動薬第1665号-3
・GLP 元動薬第2730号-3
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・GMP 元製造薬第442号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証17-015号
・GMO二種使用等拡散防止措置確認

会社概要
  • 地域未来牽引企業

  • 事業継続力強化計画

  • 採用情報リクナビ