株式会社食環境衛生研究所(食環研)は、安全をモットーに生活環境および「食」に対して貢献し、ヒトの健康と快適な生活環境を創造する企業です。

カビ毒検査

カビ毒検査

  • 検査・分析内容
  • 料金と検査期間
  • ご依頼フォーム

カビ毒検査内容

カビ毒分析 カビ毒(マイコトキシン)とは、カビが食品・飼料などの
有機物を分解する際に生産する物質のうち、
人体・家畜にとって有害なものを指します。

その特徴として
・ カビが生育できる環境ならどこでも発生する危険がある。
・ 汚染源がカビなので、増殖し、広がる可能性もある。
・ 農薬などと比較し、生体毒性の強い物が多い。
・ 殺菌で菌は死んでも、カビ毒は食品中に残ることが多い。
など、とても厄介な性質を持っています。

原因が特定しづらいことからも軽視されがちですが、食品、飼料ともに、今は世界各国で規制値が見直され、
世界的にも重要な監視項目となっていくものと予想されます。

そのような背景のもと、弊社でもカビ毒の個別検査を以前より実施しておりましたが、
規制値の変化等に伴い、より低価格で多くのカビ毒を検査できる、
カビ毒一斉分析プランをご用意いたしました。是非お気軽にご利用下さい。

カビ毒の影響・・・

カビ毒による動物への諸症状
項目 産生菌 主な症状
総アフラトキシン(B1 B2 G1 G2の和) アスペルギルス属 強い発癌性(人間)
成長抑制、肝臓障害、免疫低下
デオキシニバレノール フザリウム属 嘔吐、胃腸炎症、
皮膚炎、免疫低下
T2トキシン
ゼアラレノン 生殖器腫大、繫殖障害、子宮脱
オクラトキシンA アスペルギルス属
ペニシリウム属
腎炎、免疫低下
フモニシン フザリウム属 肺水腫、肝臓障害、食欲不振
パツリン アスペルギルス属
ペニシリウム属
消化管出血・潰瘍、
体重増加抑制

カビ毒の規制値・・・

食品(食品衛生法・暫定値より)
項目 要注意食品 残留基準値
総アフラトキシン 穀類・豆類・種実類 0.01ppm
デオキシニバレノール(DON) 小麦 1.1ppm
パツリン りんご 0.05ppm
飼料(農水省 2002.7.5 改正)
項目 対象家畜 残留基準値
アフラトキシンB1 乳牛を除く成畜用配合飼料 0.01ppm
乳牛用及び幼畜用配合飼料 0.01ppm
デオキシニバレノール(DON) 配合飼料(生後3カ月以上の牛用を除く) 1.0ppm
生後3カ月以上の牛用配合飼料 4.0ppm
ゼアラレノン(ZEN) 配合飼料(家きん用を除く) 1.0ppm

カビ毒検査対象

要注意食品

※ 玄米、小麦、トウモロコシ等の穀物類と、その加工品

※ コーヒー豆、アーモンド、落花生等の豆類と、その加工品

※ りんごとジュース等りんごの加工品(パツリンのみ)

※ 汚染された飼料(穀物類)を食した畜産生産物(牛・豚・鶏)

新規等お申し込みの場合のお支払いについて

※ 新規等のお客様の場合、大変申し訳ございませんが、ご報告前のご入金をお願いしております。
  ご入金の確認の後、検査ご報告となりますのでご了承いただけたらと存じます。
  検査お申し込み時にお振り込み先をご連絡いたします。

ご依頼方法

●お電話でご依頼

TEL.027-230-3411

ご相談、ご質問もお気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ

お問い合わせフォーム

フォームに必要事項をご記入ください。

●ご依頼

ご依頼フォーム

検査依頼フォームに必要事項をご記入ください。

●検査ご依頼書

検査依頼書ダウンロード

こちらから依頼書をダウンロード出来ます。

ページの先頭へ戻る

株式会社食環境衛生研究所

【本社】
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町561-21
TEL:027-230-3411 FAX:027-230-3412
【東北営業所】
〒981-3341 宮城県富谷市成田2-3-3
TEL:022-342-9614 FAX:022-342-9615
【食品医薬品分析センター】
〒379-2104 群馬県前橋市西大室町1228-1
【高崎営業所】
〒370-3334 群馬県高崎市本郷町66-1

・国際規格 ISO/IEC 17025:2005
・登録衛生検査所 第41号
・計量証明事業 環第51号
・GCP 28動薬第1432号-2
・GLP 28動薬第1746号-2
・GLP 24消安第4322号
・GMP 29製造薬第399号
・学術研究機関
・届出伝染病等病原体取扱施設
・実験動物生産施設等福祉認証015号
・GMO二種使用 農水省指令28消安第4863号

群馬県環境GS(認定番号190439)

チャレンジ25